スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。

  1. 棘下筋
  2. 棘上筋
  3. 肩甲下筋
  4. 小円筋
  5. 上腕二頭筋

※ 下にスクロールしても、
「51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q51 上腕骨小結…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q51 上腕骨小結節に付着する筋……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q51 上腕骨小結…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午後】問51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 棘上筋・棘下筋・小円筋は大結節に停止します。
    (厳密には、小円筋は大結節の下部)
    肩甲下筋は小結節に停止します。

    上腕二頭筋は長頭と短頭に別れ、長頭は肩甲骨関節上結節から起始、短頭は烏口突起から起始します。
    長頭腱が、上腕骨結節間溝を通ります。

          「Q51 上腕骨小結節に付着する筋……」を理解するのにおすすめのYouTube動画がこちら▼

YouTube動画

「Q51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。」の動画解説


※ めでぃまーるが運営するYouTubeチャンネル(スタディメディマール)の動画ではありません。「Q51 上腕骨小結節に付着する筋……」を理解する際におすすめの動画として紹介させて頂いています。

関連問題の解説コメントも合わせてチェックすると、より理解が深まります。
また、「もっと詳しく解説してほしい」という希望があれば、質問フォームからご連絡をお願いします!
ゆいちゃん

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q61 1本の神経線維を電気刺激した場合の興奮伝導の説明で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 興奮は一方向に伝わる。
  2. 興奮は減衰せずに伝わる。
  3. 興奮は太い線維ほど速く伝わる。
  4. 興奮は並走する別の線維に伝わる。
  5. 有髄線維では興奮が髄鞘に伝わる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q89 てんかんについて正しいのはどれか。
  1. 半数以上が遺伝性である。
  2. 睡眠不足は発作の誘因である。
  3. 年齢とともに発症率が減少する。
  4. 成人では症候性よりも特発性が多い。
  5. 発作の持続時間は後遺障害と相関しない。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q58 胃の解剖について正しいのはどれか。
  1. 胃底は胃の下方をいう。
  2. 胃の左縁を小弯という。
  3. 食道と胃の境に噴門が位置する。
  4. 大弯は肝胃間膜によって肝臓と結合している。
  5. 胃酸を分泌する腺は幽門前庭に多くみられる。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q25 SF-36で正しいのはどれか。
  1. 効用値を算出する。
  2. 4つの下位尺度がある。
  3. 疾患特異的尺度である。
  4. アウトカムの指標となる。
  5. 全般的に主観的満足感を評価する。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q95 リンパ浮腫について正しいのはどれか。
  1. 腹水を伴う。
  2. 利尿薬で治療する。
  3. 蜂窩織炎になりやすい。
  4. 肺塞栓症の原因のつである。
  5. 皮膚が線維化を起こすことは稀である。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.