スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q28 歩行周期と筋活動パターンの関係を図に示す。このグラフが示す特徴を持つ筋はどれか。

  1. 大殿筋
  2. 中殿筋
  3. 大腿四頭筋
  4. ハムストリングス
  5. 下腿三頭筋

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「28 歩行周期と筋活動パターンの関係を図に示す。このグラフが示す特徴を持つ筋はどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q28 歩行周期と…」の解答

5

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q28 歩行周期と筋活動パターンの関係を図に示す。このグラフが示す特徴を持つ筋はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q28 歩行周期と筋活動パターン……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q28 歩行周期と…」の解説

国試問題「第55回理学療法士国試【午前】問28 歩行周期と筋活動パターンの関係を図に示す。このグラフが示す特徴を持つ筋はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ゆるるん より:

    図から立脚期のみ活動が見られることが分かる。立脚期のみ活動するのは下腿三頭筋なので、下腿三頭筋。

    3
    1
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回理学療法士国試【午後】

Q30 膝関節内反変形のある変形性膝関節症患者にみられる歩行の特徴はどれか。2つ選べ。
  1. 立脚相:外側スラスト
  2. 立脚相:立脚側への体幹傾斜
  3. 立脚相:立脚肢の反張膝
  4. 遊脚相:分回し
  5. 遊脚相:遊脚側の骨盤下制

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q72 快適歩行から速度を速めた際の変化で正しいのはどれか。
  1. 歩幅は減少する。
  2. 重心の上下動は減少する。
  3. 立脚相の時間は減少する。
  4. 股関節の屈曲角度は減少する。
  5. 体幹の水平面内回旋運動は減少する。

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q2 心電図を示す。この心電図の所見で正しいのはどれか。

心電図を示す。この心電図の所見で正しいのはどれか。

  1. 心房細動
  2. 洞性徐脈
  3. 心室性期外収縮
  4. 心房性期外収縮
  5. Ⅰ度房室ブロック

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q16 60歳の女性。脊髄小脳変性症。四肢体幹の運動失調で座位保持が困難であったが、2週間の座位保持練習を行い、端座位は上肢で支持しなくても保持できるようになった。

  1. セラピーボール上座位での上肢下肢の挙上
  2. 端座位からの立ち上がり練習
  3. 端座位での重心移動練習
  4. 片膝立ち位での上肢挙上
  5. 立位で不安定板を用いた荷重練習

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q72 快適歩行から速度を速めた際の変化で正しいのはどれか。
  1. 歩幅は減少する。
  2. 重心の上下動は減少する。
  3. 立脚相の時間は減少する。
  4. 股関節の屈曲角度は減少する。
  5. 体幹の水平面内回旋運動は減少する。

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q37 関節可動域運動で正しいのはどれか。
  1. 筋収縮を伴ってはならない。
  2. 意識障害がある場合は行わない。
  3. 運動麻痺の改善を目的として行う。
  4. 拘縮の予防・改善を目的として行う。
  5. 深部感覚障害がある場合は行わない。

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q64 呼吸生理の説明で正しいのはどれか。
  1. 呼吸中枢は視床下部にある。
  2. 外肋間筋は安静呼吸の呼気筋として作用する。
  3. 内呼吸とは肺胞と毛細血管との間のガス交換をいう。
  4. 動脈血二酸化炭素分圧が上昇するとヘモグロビンから酸素が解離しやすくなる。
  5. 頸動脈小体は動脈血酸素分圧よりも動脈血二酸化炭素分圧の変化を感知しやすい。

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q88 脳血管障害と治療の組み合わせで正しいのはどれか。
  1. ラクナ梗塞 - 頸動脈血栓内膜剥離術
  2. くも膜下出血 - クリッピング手術
  3. 心原性脳塞栓症 - 頸動脈ステント留置術
  4. 一過性脳虚血発作 - コイル塞栓術
  5. アテローム血栓性脳梗塞 - アブレーション手術

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.