スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

                           

第55回理学療法士国家試験【午後100問】

/午前

+ 国試問題リスト クリックで表示

スポンサーリンク

第55回理学療法士国試【午後】

-,

Q1 小児を裸足で方眼紙の上を歩行させた図を示す。重複歩距離はどれか。


  1. 10cm
  2. 20cm
  3. 35cm
  4. 40cm
  5. 55cm

解答を今すぐ確認

4

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

-

Q2 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で、正しいのはどれか。


  1. 手屈曲
  2. 手伸展
  3. 手撓屈
  4. 母指掌側外転
  5. 母指橈側外転

解答を今すぐ確認

4

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

-, ,

Q3 Danielsらの徒手筋力テストによる検査方法を図1に、前腕中央部の断面図を図2に示す。図1の方法で段階3を判定できる筋は図2のどれか。



解答を今すぐ確認

1

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q4 図に示す方法で筋力測定器を用いて膝関節伸展等尺性筋力を測定したところ、測定値は28kgfであった。膝関節伸展トルクはどれか。


  1. 約6.9Nm
  2. 17.2Nm
  3. 約34.5Nm
  4. 約51.8Nm
  5. 約68.6Nm

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q5 5歳の女児。左股関節痛を訴えている。エックス線写真を示す。この疾患について正しいのはどれか。


  1. 外傷が原因である。
  2. 可動域制限は生じない。
  3. 感染症が原因である。
  4. 男児に多い。
  5. 二次性変形性股関節症になりにくい。

解答を今すぐ確認

5

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q6 5歳の女児。左股関節痛を訴えている。エックス線写真を示す。疑うべき疾患はどれか。


  1. 大腿骨頭壊死症
  2. 大腿骨頭すべり症
  3. 単純性股関節炎
  4. 発育性股関節形成不全
  5. Perthes病

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q7 8ヵ月の男児。脳性麻痺による痙直型四肢麻痺。伏臥位で図のような姿勢を示す。影響しているのはどれか。


  1. 緊張性迷路反射
  2. 屈筋逃避反射
  3. 非対称性緊張性頸反射
  4. Moro反射
  5. Landau反射

解答を今すぐ確認

1

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q8 検査用紙を図に示す。1から25までの数字を1から順にできるだけ速く線を引いてつなぐのに要する時間を測定する検査はどれか。


  1. BADS
  2. BIT
  3. CAT
  4. Stroop test
  5. TMT-A

解答を今すぐ確認

5

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q9 70歳の男性。脳梗塞による右片麻痺。Brunnstrom法ステージ上肢Ⅲ、下肢Ⅳ.座位にて、肘関節伸展位で肩関節90°屈曲運動を支持したところ、屈曲共同運動パターンがみられた。この患者で促通すべき筋はどれか。


  1. 棘下筋
  2. 広背筋
  3. 大菱形筋
  4. 上腕二頭筋
  5. 上腕三頭筋

解答を今すぐ確認

5

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q10 牽引の場面を図に示す。直達牽引法はどれか。



▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q11 70歳の男性。自転車エルゴメーターを用い負荷強度30Wattsから50wattsの5種類の一定負荷を行わせた時の心拍数変化を図に示す。 この例に全身持久力トレーニングで運動強度を嫌気性代謝閾値〈AT〉に設定する場合、最も適切な負荷強度(Watts)はどれか。


  1. 30
  2. 35
  3. 40
  4. 45
  5. 50

解答を今すぐ確認

3

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q12 62歳の女性。約半年前から歩行中にふらつき、しゃべりにくいことに気付いていたが、最近これらの症状が悪化してきた。 その他、四肢協調運動障害、頭部CTで小脳および脳幹萎縮を指摘されている。 この症例の評価指標として適切ではないのはどれか。


  1. FBS
  2. 踵膝試験
  3. 鼻指鼻試験
  4. FMA〈Fugl-Meyer assessment〉
  5. SARA〈scale for the assessment and rating test〉

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q13 8歳の男児。脳性麻痺による痙直型両麻痺。GMFCSレベルⅢであり、床上はバニーホッピングで移動している。学校内の移動は車椅子駆動で自立している。車椅子の設定で正しいのはどれか。


  1. ヘッドサポートをつける。
  2. 座面高は標準より高くする。
  3. 背もたれの高さは肩までとする。
  4. 背もたれはリクライニング式にする。
  5. フットサポートはスイングアウト式にする。

解答を今すぐ確認

5

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q14 関節リウマチ(SteinbrockerのステージⅢ、クラス3)のADL指導で正しいのはどれか。



▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q15 46歳の女性。BMIは29.0である。両側の変形性股関節症で、股関節周囲の筋力低下と荷重時の股関節痛がある。理学療法で適用でないのはどれか。


  1. 杖を用いた歩行訓練
  2. 水中歩行による有酸素運動
  3. 背臥位での下肢筋のストレッチ
  4. 階段昇降による筋力増強トレーニング
  5. 自転車エルゴメーターでの筋持久性トレーニング

解答を今すぐ確認

4

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q16 83歳の女性。転倒して右股関節痛を訴えた。エックス線写真を示す。疑うべき疾患はどれか。


  1. 股関節脱臼
  2. 大腿骨近位部骨折
  3. 恥骨結合離開
  4. 恥骨骨折
  5. 腸骨骨折

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q17 69歳の男性。脳梗塞による右片麻痺。発症から4週が経過。Brunnstrom法ステージは上肢Ⅱ、手指Ⅱ、下肢Ⅲ。 移乗とトイレ動作は手すりを使用して自立、車椅子駆動は自立している。歩行は短下肢装具とT字杖を使用して軽介助が必要であり、病棟では車椅子で移動している。病室を図に示す。 この患者に適切なのはどれか。



解答を今すぐ確認

5

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q18 17歳の男子。頸髄損傷。プールに飛び込んだ際に、頭部を底に打ちつけて受傷した。受傷8週後のMMT結果を表に示す。機能残存レベルはどれか。


三角筋 4 4
上腕二頭筋 4 4
上腕三頭筋 2 2
橈側手根屈筋 1 2
長橈側手根伸筋 4 5
指伸筋 0 0
  1. C4
  2. C5
  3. C6
  4. C7
  5. C8

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q19 66歳の男性。意識障害で右上肢を下に腹臥位で体動困難となっているところを発見された。 両膝、右手首、右肘および右前胸部に多発褥瘡を認め、脱水症を伴うことから発症後数日が経過していると考えられた。保存加療とともに理学療法が開始され、徐々に意識障害が改善すると、入院後1か月で訓練中に右手のしびれを訴え、図のような手を呈した。 この患者の右手に適応となるのはどれか。


  1. BFO
  2. 虫様筋カフ
  3. 短対立装具
  4. 手関節駆動式把持装具
  5. コックアップ・スプリント

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q20 75歳男性。脳挫傷。飲酒しトイレで倒れていた。頭部CTを示す。 明らかな運動麻痺はなく、反復唾液嚥下テスト〈RSST〉は5回/30秒である。改訂水飲みテスト〈MWST〉や食物テストでは嚥下後の呼吸は良好でむせもない。義歯を使用すれば咀嚼可能であるが、実際の食事場面では自分で食物を口に運ぼうとしない。 この患者の摂食嚥下で障害されているのはどれか。


  1. 先行期
  2. 準備期
  3. 口腔期
  4. 咽頭期
  5. 食道期

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q21 対応のない正規分布を示す連続変数の2群間の差を検定するときに用いるのはどれか。


  1. Fisherの正確確率検定
  2. Kruskal-Wallis検定
  3. long-rank検定
  4. 相関分析
  5. Studentのt検定

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q22 チーム医療において理学療法士が行わないのはどれか。


  1. チームのリーダーを務める。
  2. 要介護認定申請の意見書を作成する。
  3. 栄養指導について管理栄養士に相談する。
  4. 人工呼吸器の設定について医師に相談する。
  5. 福祉用具の貸与についてソーシャルワーカーに相談する。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q23 四肢長と測定部位の組み合わせで正しいのはどれか。


  1. 棘果長 - 上前腸骨棘の最下端から内果の最下端まで
  2. 手長 - 橈骨茎状突起の最下端から中指の先端まで
  3. 上腕長 - 肩峰の最前端から肘頭の最突出点まで
  4. 前腕長 - 肘頭の最上端から尺骨茎状突起の最下端まで
  5. 転子果長 - 小転子の最上端から外果の外側突出点まで

解答を今すぐ確認

1

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q24 除細動が必要となる可能性が高い不整脈はどれか。


  1. Ⅰ度房室ブロック
  2. 心室頻拍
  3. 単発の上室期外収縮
  4. 慢性心房細動
  5. 連続しない心室期外収縮

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

Q25 腱反射が亢進する疾患はどれか。


  1. 多発性筋炎
  2. 多発性硬化症
  3. Guillain-Barre症候群
  4. 尿毒症性ニューロパチー
  5. Duchenne型筋ジストロフィー

解答を今すぐ確認

2

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第55回理学療法士国試【午後】

                     

スポンサーリンク

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.