スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q20 30歳の男性。統合失調症で5年前に幻覚妄想状態で家族に対する興奮があり、医療保護入院となった既往がある。 退院後はほぼ規則的に通院し、毎食後服薬していたが、3か月前から治療を中断し、幻聴や被害関係妄想が悪化し、両親を自宅から閉め出して引きこもってしまった。注察妄想もあり本人も自宅から外出できない状況である。多職種訪問支援チームが1年前から関わっており、訪問は受け入れてもらえている。 この患者への今後の介入で最も適切なのはどれか。

  1. 本人の意思に関わらず、繰り返し服薬を強く促す。
  2. 両親を自宅に同行させ、その場で本人に両親への謝罪を促す。
  3. 民間救急を利用し、中断していた精神科病院の救急外来に搬送する。
  4. 本人の希望や生活上の困り事を根気よく引き出し、関係を深める努力をする。
  5. 訪問頻度を減らし、本人が助けを求めるのを待って精神科外来に結びつける。

※ 下にスクロールしても、
「20 30歳の男性。統合失調症で5年前に幻覚妄想状態で家族に対する興奮があり、医療保護入院となった既往がある。 (中略) この患者への今後の介入で最も適切なのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q20 30歳の男…」の解答

4

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 4.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q20 30歳の男性。統合失調症で5年前に幻覚妄想状態で家族に対する興奮があり、医療保護入院となった既往がある。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q20 30歳の男性。統合失調症……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q20 30歳の男…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午前】問20 30歳の男性。統合失調症で5年前に幻覚妄想状態で家族に対する興奮があり、医療保護入院となった既往がある。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 問題文の、『3か月前から治療を中断し、幻聴や被害関係妄想が悪化し』から再発での増悪期であり、幻聴・妄想などの陽性症状が出現している事から、自殺の危険性が高いです。その為選択肢⑤は除外できます。
    『両親を自宅から閉め出して引きこもってしまった』から、もしかしたら感情表出の高い(高EE)の場合もある為、選択肢②は除外できます。
    選択肢①③では、強要したり環境の変化が伴うため、患者が受ける心理的ストレスが増してしまうので選択肢から除外します。
    統合失調症は、発症要因や症状や経過の個人差が大きいため、患者の個別性を重視する必要があります。よって選択肢④が正解となります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q72 膝関節の運動で正しいのはどれか。
  1. 側副靱帯は屈曲時に緊張する。
  2. 関節包の後面は前面に比べて伸縮性が高い。
  3. 半月板の内外縁とも遊離して可動性に関与する。
  4. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は、屈曲最終域までみられる。
  5. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は外側顆部の方が内側顆部より大きい。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q8 55歳の男性。倒れてきた本棚により右肘上部を圧迫され正中神経麻痺を生じた。
  1. 長対立装具
  2. IP伸展補助装具
  3. ナックルベンダー
  4. Thomas 型懸垂装具
  5. コックアップ・スプリント

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q94 熱傷で正しいのはどれか。
  1. 熱傷面積はⅠ、Ⅱ、Ⅲ度すべての面積を合わせて計算する。
  2. Ⅰ度熱傷では水疱がみられる。
  3. 浅達性Ⅱ度熱傷では水疱底は蒼白である。
  4. 深達性Ⅱ度熱傷では痛がみられる。
  5. Ⅲ度熱傷では創底から上皮化が起こる。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q89 脳血管障害に対して行われる検査で、誤っているのはどれか。
  1. 頸動脈狭窄の検索に頸部MRAが用いられる。
  2. 出血病変の検索にMRIのT2*(スター)強調像が用いられる。
  3. 陳旧性梗塞の検索に MRI の拡散強調像が用いられる。
  4. 脳塞栓の原因検索に Holter 心電図が用いられる。
  5. 脳動脈瘤の検索に脳血管撮影が用いられる。

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.