スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q1 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 肩関節内外旋
  2. 手関節橈尺屈
  3. 胸腰部側屈
  4. 足関節底背屈
  5. 母指対立

※ 下にスクロールしても、
「1 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q1 関節可動域測…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (4 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 4.50)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q1 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q1 関節可動域測定法(日本整形……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q1 関節可動域測…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午前】問1 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ナガイ より:

    2、手関節橈尺屈:基本軸→前腕の中央線 移動軸→第3中手骨
    3、胸腰部側屈:基本軸→ヤコビー線の中点に立てた垂直線 移動軸→第1胸椎棘突起と第5腰椎棘突起
            を結ぶ線
    4、足関節底背屈:基本軸と移動軸は正しいが、測定時に膝関節屈曲してから測定する。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】

Q30 透析患者で正しいのはどれか。
  1. 透析導入の原因疾患のうち慢性糸球体腎炎の割合は年々増加している。
  2. 透析患者数はこの10年間減少し続けている。
  3. 身体活動量の低下は生命予後を悪化させる。
  4. 透析導入は腹膜透析が最も多い。
  5. 死因の第一位は悪性腫瘍である。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q61 遺伝情報伝達で正しいのはどれか。
  1. リボゾーム RNA は ATP 産生に関与する。
  2. DNA ではアデニンはシトシンと結合している。
  3. 核の中のすべての DNA の塩基配列をゲノムという。
  4. DNAから転移RNA(tRNA)に塩基配列が転写される。
  5. 伝令RNA(mRNA)上では2個の塩基の組合せが1つの暗号の単位を形成する。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q24 非言語性評価で用いられる検査はどれか。2つ選べ。
  1. MMSE
  2. RBMT
  3. WAIS-Ⅲ
  4. Kohs立方体組合せテスト
  5. Ravenʼs Colored Progressive Matrices(RCPM)

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q77 肺気量で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 1秒率 = 1秒量 / %肺活量
  2. 機能的残気量 = 予備吸気量 + 残気量
  3. 最大吸気量 = 1回換気量 + 予備吸気量
  4. 残気量 = 全肺気量 - 肺活量
  5. 肺活量 = 予備吸気量 + 予備呼気量

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q32 車椅子で自走する場合の住環境整備の留意点で適切なのはどれか。
  1. スイッチは床面から10cmの高さに設置する。
  2. 自走用6輪型車椅子は段差の通行が容易である。
  3. 50cmの段差がある場合スロープの長さを600cm以上にする。
  4. 廊下の直進に必要な幅員は左右アームサポートの外側最大寸法で判断する。
  5. 廊下を直角に曲がるのに必要な通路幅員は直角部分の前後とも70cm以上必要である。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q52 脳神経と支配筋の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 滑車神経 - 眼輪筋
  2. 三叉神経 - 咬筋
  3. 顔面神経 - 広頸筋
  4. 舌咽神経 - 舌筋
  5. 副神経 - 側頭筋

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.