スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q70 肩関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。

  1. 屈曲-棘上筋
  2. 伸展-大円筋
  3. 外転-棘下筋
  4. 外旋-肩甲下筋
  5. 内旋-小円筋

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「70 肩関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q70 肩関節の運…」の解答

2

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 4.50)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q70 肩関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q70 肩関節の運動とそれに作用……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q70 肩関節の運…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午後】問70 肩関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 肩関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのは選択肢2「伸展-大円筋」です。

    各骨格筋の運動方向は以下の通りです。

    棘上筋:肩関節外転
    大円筋:肩関節伸展、内転、内旋、水平伸展
    棘下筋:肩関節外旋、水平伸展
    肩甲下筋:肩関節内旋、水平屈曲、内転
    小円筋:肩関節外旋、水平伸展

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第55回理学療法士国試【午後】

Q26 Danielsらの徒手筋力テストで、検査する筋の段階と開始肢位の組み合わせで正しいのはどれか。
  1. 菱形筋の段階4 - 肘関節伸展位
  2. 上腕三頭筋の段階4 - 肩関節屈曲位
  3. 大殿筋の段階3 - 膝関節伸展位
  4. 大腿四頭筋の段階2 - 股関節屈曲位
  5. 後脛骨筋の段階2 - 足関節底屈位

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q35 末梢神経損傷で予後が最も良いのはどれか。
  1. ニューロトメーシス(neurotmesis)
  2. アクソノトメーシス(axonotmesis)
  3. ニューラプラキシア(neurapraxia)
  4. 神経根引き抜き損傷
  5. Waller変性

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】

Q16 55歳の男性。アルコール依存症に肝機能障害を合併。仕事上のトラブルから連続飲酒状態となり入院治療に至った。
  1. 断酒の意志の弱さを患者に指摘する。
  2. 飲みたい場合は少量にとどめるよう患者に勧める。
  3. 患者の飲酒状況を把握してもらうよう妻に依頼する。
  4. 体力回復を促すため患者の食事管理を妻に依頼する。
  5. Alcoholics Anonymous(A.A)への参加を患者に勧める。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】

Q28 地域包括ケアシステムに関する説明で適切なのはどれか。2つ選べ。
  1. 2020年を目途に整備を進めている。
  2. 地域差をなくし、画一的なシステムを構築することを目的としている。
  3. 障害者福祉センターはこのシステムの中核的機関として設置されている。
  4. 住まい・医療・介護・予防・生活支援の一体的な提供を目的としている。
  5. NPO、ボランティア、民間企業等の多様な事業主体が参画するシステムであ
    る。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q30 骨盤帯付長下肢装具の適合判定で正しいのはどれか。
  1. 骨盤帯は側方では腸骨稜と上前腸骨棘の間に設置する。
  2. 下腿半月上縁は腓骨頭下端の直下である。
  3. 股継手軸は前額面で小転子より2cm上方を通る。
  4. 膝継手軸は矢状面で膝の前後径の1/2の点と後方1/3の点の中間点を通る。
  5. 足継手軸は前額面で内果中央を通る。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.