スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「MMT」 の一覧

このページは、「MMT」に関連する国試問題だけが表示されます。

「MMT」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

MMTのタグが付いた問題

第53回作業療法士国試【午前】

3 Danielsらの徒手筋カテストの段階5及び4の検査で、検査者の抵抗をかける手の位置で正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、矢印は検査者の加える力の方向を示す。

  1. 肩甲骨内転
  2. 肩関節外転
  3. 肩関節水平内転
  4. 肩関節内旋
  5. 前腕回内

解答を今すぐ確認

2と4

第54回理学療法士国試【午前】

25 関節可動域が正常な患者に対し、Danielsらの徒手筋力テストの段階の検査で、軽度屈曲位で抵抗を加えるのはどれか。

  1. 肩関節伸展
  2. 肘関節伸展
  3. 手関節伸展
  4. 股関節伸展
  5. 頸部複合伸展

解答を今すぐ確認

2

第54回理学療法士国試【午後】

1 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Daniels らの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。

  1. 左三角筋中部線維
  2. 右上腕二頭筋
  3. 左中殿筋
  4. 右腸腰筋
  5. 右前脛骨筋

解答を今すぐ確認

3

第54回理学療法士国試【午後】

2 Danielsらの徒手筋力テストにおける段階4の検査法で正しいのはどれか。

Danielsらの徒手筋力テストにおける段階4の検査法で正しいのはどれか。 (第54回理学療法士国試【午後-2】)

  1. 肩関節屈曲
  2. 肩関節伸展
  3. 肘関節屈曲
  4. 股関節屈曲
  5. 膝関節屈曲

解答を今すぐ確認

4

第53回理学療法士国試【午前】

4 Danielsらの徒手筋カテストにおける段階2の検査の開始肢位で正しいのはどれか。

  1. 頸部伸展
  2. 左肩関節内旋
  3. 左股関節内転
  4. 左股関節外旋
  5. 左股関節伸展

解答を今すぐ確認

解答なし

不適切問題

第53回理学療法士国試【午前】

27 Danielsらの肩関節の徒手筋カテストにおける段階と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

  1. 屈曲の段階2:背臥位
  2. 伸展の段階3:座位
  3. 外旋の段階4:座位
  4. 水平内転の段階2:腹臥位
  5. 水平外転の段階2:側臥位

解答を今すぐ確認

3

第53回理学療法士国試【午後】

4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 腓腹筋
  2. 短腓骨筋
  3. 前脛骨筋
  4. 後脛骨筋
  5. 大腿筋膜長筋

解答を今すぐ確認

4
適切なものが一つしかない。

不適切問題

第52回作業療法士国試【午前】

1 Danielsらの徒手筋力テストの段階5及び4の検査で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 肩甲骨挙上
  2. 肩関節外転
  3. 肘関節伸展
  4. 股関節屈曲
  5. 股関節外旋

解答を今すぐ確認

なし

不適切問題

第52回理学療法士国試【午後】

5 Danielsらの徒手筋力テストで肩関節屈曲(前方挙上)の段階の測定をする際、図のような代償がみられた。代償動作を生じさせている筋はどれか。

  1. 回外筋
  2. 上腕二頭筋
  3. 前鋸筋
  4. 肩甲下筋
  5. 広背筋

解答を今すぐ確認

2

第52回理学療法士国試【午後】

28 Danielsらの徒手筋力テストで、検査する筋の段階と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 腸腰筋の段階3 - 側臥位
  2. 中殿筋の段階1 - 腹臥位
  3. 大腿四頭筋の段階3 - 座位
  4. 前脛骨筋の段階4 - 立位
  5. 下腿三頭筋の段階2 - 背臥位

解答を今すぐ確認

3と5

第52回理学療法士国試【午前】

2 Danielsらの徒手筋力テストについて正しいのはどれか。

  1. 検査は5段階から実施する。
  2. 徒手抵抗は検査する関節の近位部に加える。
  3. 繰り返し実施することで筋持久力を評価する。
  4. 段階2は重力の影響を最小限にした肢位で実施する。
  5. 抑止(ブレーク)テストでは徐々に徒手抵抗を強くする。

解答を今すぐ確認

4

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.