おきなわ転職メディ|医療職の求人情報を掲載・随時更新中

おきなわ転職メディ

求職者への大切なご案内クリックで表示

エントリーの際は「めでぃまーるで求人を見た」で採用確率をUP!
ゆいちゃん

掲載されている求人情報のうち、担当者が直接コンタクトをとっている病院・施設については、めでぃまーる経由の応募者を優先して頂けるようにお願いしています。

もし、転職めでぃまーるに掲載されている求人情報に直接エントリーする場合は、「めでぃまーるで求人を見た。」とお伝えする事をおすすめします。

なお、優先紹介制度を利用したい求職者は、こちらからご登録下さい。

 

医療職の給料・年収ランキング


更新日:

医療系の全体的な総合平均年収は、400万と言われていますが、同じ医療系と言っても医師と介護職や看護助手などでは雲泥の差があります。ここでは、公開されている医療職各資格の全国平均を確認していきましょう。

年収とは、1年間の総収入のことを指します。手取りではなく、雇用主から支払われる(税金を支払う前の)総額です。基本的には、1月から12月の総支給額プラス賞与から算出します。

 

医療職の給料・年収ランキング

1位 医師 1143万円
2位 歯科医師 724万円
3位 薬剤師 518万円
4位 放射視線技師 494万円
5位 臨床検査技師 461万円
6位 看護師 461万円
7位 准看護師 400万円
8位 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 393万円
9位 介護士 322万円
10位 看護補助師 281万円

以下、医療職に限定した年収ランキングです。カッコ書きされているのは、平均月収となっています。

1位 医師

平均年収:1143万円(87.8万円)

医師の平均年収は、医療職ナンバーワンで、唯一1,000万円代となっています。

なお、平均年収は診療科によって大きく変わりますますが、各診療科の中で1,300万円を超えているのは在宅医療、腎臓内科・透析、整形外科・スポーツ医学、精神科、一般内科の5つとなっています。花形で高給取りとされる外科系の診療科は中位クラスとなっています。

関連サービス情報

医師の高年収求人が多く掲載されている事で人気の転職サイトは、株式会社メディウェルが運営する「医師転職ドットコム」です。非公開求人を中心に扱い、現在までに約40,000人がメディウェルを介して転職を果たしています。

 

2位 歯科医師

平均年収:724万円(55.2万円)

常勤の歯科医師の場合の月給は30万円〜50万円くらいとなっています。これに賞与が加わって、724万円という平均年収が算出されています。なお、初任給は月給23万円〜30万円ほどのところが多いようで、すぐに高年収というわけではなさそうです。

さらに、近年では200万円〜350万円程度とワーキングプアにあたる歯科医師も増えていると言われており、格差の大きい職種と言えます。

 

3位 薬剤師

平均年収:518万円(55.9万円)

薬剤師の平均年収は、放射線技士や検査技士とほぼ同額から若干高いとされています。主な働き口として、調剤薬局はもちろん、病院勤務や、ドラッグストアなどがあり、どこの地域も薬剤師不足となっているため、当分の間は薬剤師が働く場所に困る事はないと言えそうです。

ただし、年収に地域差が大きいのが薬剤師の特徴で、平均年収が高い地域が700万円を超えているのに対して、低い地域では300万円程度となっています。

 

4位 診療放射線技師

平均年収:494万円(33.7万円)

放射線技士は、ひと昔前までは、資格保有者が少ないため、売り手市場からくる高年収状態でしたが、放射線技師の増加に伴い、若手技士の年収は低い傾向にあります。年収400万円に満たない人も多いとされています。

夜勤、休日出勤などの手当を含めると、他コメディカルよりも高い傾向にありますが、看護師よりも給料が高いと胸をはって言える状態ではないようです。

 

5位 臨床検査技師

平均年収:461万円(31万円)

検査技士は、働く病院の規模によって格差が出やすい職業です。大学病院や、超有名な民間病院などは年収が高い傾向にありますが、そうでない個人病院では給料は低めです。

また、需要より供給の方が多いため、医療職としては売り手市場ではない職業となります。ただし、それが理由で給料が極端に下がる事はないようです。

 

6位 看護師

平均年収:461万円(31.7万円)

看護師は高年収の職業として、他業種からも認知されている医療職の代表です。

一時、看護師過多が叫ばれている時期もありましたが、現場はいまだに看護師不足で売り手市場です。夜勤あり、求人出勤ありの条件で働けば、社会的には高給取りとなります。

また、女性が多い職種なので、自短勤務や、夜勤なし条件で働く看護師も多く含んだ状態での平均年収461万円という事を考慮すれば、男性が多い放射線技師との比較では負けているものの、決して数字だけでは見えてこない部分があるかと思います。

看護師の転職サイト探しは、「転職めでぃまーる看護師」をご活用ください!
ゆいちゃん

おすすめ記事▽

 

7位 准看護師

平均年収:400万円(27.6万円)

近年では、徐々に准看護師の数は減ってきています。

夜勤ありの勤務体系であれば、理学療法士や作業療法士といったリハビリ職より高い給料が期待できます。しかし、夜勤を行わない場合は、リハビリ職よりも年収が落ちる場合が多いようです。

准看護師の転職サイト探しも、看護師の転職サイトを紹介している「転職めでぃまーる看護師」をご活用ください!
ゆいちゃん

 

8位 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

平均年収:393万円(27.4万円)

最近では、イブニングケアなどの通常時間外の勤務形態をとる病院も増えましたが、リハビリは基本的に日中に行われるため、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士には「夜勤帯」での勤務がないので、夜勤手当による年収アップが期待できない医療職です。

基本給は高めですが、年収アップ(昇給)は期待できない資格とされています。病院の規模や、性別、年齢によって給料の格差が少ないのも特徴です。

リハビリセラピストの転職サイト探しは、「転職めでぃまーるリハビリ」をご活用ください!理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対応しています。
ゆいちゃん

おすすめ記事▽

PT・OTの転職に関するQ&A

 

9位 介護士

平均年収:322万円(22.8万円)

介護の資格(介護福祉士)を所有しているかで年収が50万円ほど変わると言われています。介護職そのものの基本給は、業界を通してみた場合に、低いと言わざるえませんが、介護の資格を取得する事により、手当をつける事で年収をアップをはかる事ができます。

また、働く施設によっても平均年収が代わり、一番高給取りとされているのが「特別養護老人ホーム」ついで「介護老人保険施設」です。「デイサービス」などはやや低い傾向にあります。

休日出勤や、夜勤を多めに行う事で年収アップにも繋がります。

介護職の転職サイト探しは、「転職めでぃまーる介護」をご活用ください!介護福祉士やケアマネなどの有資格者はもちろん、介護未経験で無資格者でこれから初挑戦!という人におすすめの転職サイトも紹介しています。
ゆいちゃん

 

10位 看護補助師

平均年収:281万円(19.8万円)

看護補助師または、看護助手は、看護師や准看護師と違い医療行為を行う事ができません。医療現場で看護師の助手として働いていてはいますが、正式には医療職という位置付けではありません。

業務としても、カルテなどの書類を医師や看護師に持っていったり、入院している患者さんの身の周りのお世話などになります。そのため、年収は医療職と比較するとかなり低い傾向にあります。

 

 

「平成22〜28年賃金構造基本統計調査/厚生労働省」を参考に当社で作成
「現金給与額」×12+「年間賞与・その他特別給与額」を足した金額で年収を算出

 

お知らせ

現在、転職めでぃまーるでは、医療職の求人に特化した転職サイトや、一般向けの転職サイトをランキング形式で紹介しています。さらに利用しやすいように、今後、年齢別に分けたおすすめの転職サイトに関する情報も紹介予定となっています。

評判の良いおすすめ転職サイトランキング

→ 20代におすすめ転職サイトランキング

→ 30代におすすめ転職サイトランキング

→ 40代におすすめ転職サイトランキング

→ 50代以上におすすめ転職サイトランキング

※ リンクがない場合は、準備中となっています。

 

Copyright© おきなわ転職メディ , 2019 All Rights Reserved.