スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午前】

更新日:

5 Danielsらの徒手筋力テストの結果を表に示す。表以外の筋に異常はみられない。関節可動域はすべて正常範囲である。 通常速度で直線歩行したときに予想されるのはどれか。

  1. 左の踵足歩行
  2. 右の尖足歩行
  3. 左遊脚中期の分回し
  4. 右のTrendelenburg 徴候
  5. 右遊脚後期の膝過伸展傾向


※下にスクロールしても、
「5 Danielsらの徒手筋力テストの結果を表に示す。表以外の筋に異常はみられない。関節可動域はすべて正常範囲である。 通常速度で直線歩行したときに予想されるのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

5






国試問題「5 Danielsらの徒手筋力テストの結果を表に示す。表以外の筋に異常はみられない。関節可動域はすべて正常範囲である。 通常速度で直線歩行したときに予想されるのはどれか。」についての解説

  1. 筋力低下が歩行に影響が及ぼす場合、理屈上では、「重力に抗せないほどの筋力低下」が起こった場合と考える事ができます。

    この問題では、MMTで2を示しているのが下腿三頭筋なので、ここに着目できれば難しい問題ではありません。
    下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)の作用と関連がある関節の動きや、歩行周期を一つ一つ確認していくと、「右遊脚後期の膝過伸展傾向」と答える事ができるはずです。

    それぞれの異常歩行の確認として、1〜4をみていくと、

    1.左の踵足歩行:左下腿三頭筋MMT4なので問題なし
    2.右の尖足歩行:右の前脛骨筋MMT5なので問題なし
    3.左遊脚中期の分回し:痙性麻痺や拘縮などがないので問題なし
    4.右のTrendelenburg徴候:右中殿筋MMT5なので問題なし(左右差を考慮すると、陽性の場合は左に出現する可能性あり)
    となります。

    臨床的には、問題のように筋力低下から歩行を観察する事に加えて、歩行観察から逸脱運動・左右差・歩行のスムーズさなどから機能障害(筋力低下、可動域制限など)の可能性を仮説立てる流れも必要となります。

    問題はテキストですが、動作を見て異常所見をよみとれるようになる事が大切です。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午前】

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.