スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

9 78歳の女性。布団を持ち上げようとした際、背部から腹部への強い帯状痛を生じ、寝返りも困難となったため入院となった。入院時のエックス線(A)とMRI写真(B)を以下に示す。 この患者の病態はどれか。2つ選べ。

  1. 骨粗鬆症
  2. 脊椎分離症
  3. 脊柱管狭窄症
  4. 椎間板ヘルニア
  5. 脊椎椎体圧迫骨折


※下にスクロールしても、
「9 78歳の女性。布団を持ち上げようとした際、背部から腹部への強い帯状痛を生じ、寝返りも困難となったため入院となった。入院時のエックス線(A)とMRI写真(B)を以下に示す。 この患者の病態はどれか。2つ選べ。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

1と5







国試問題「9 78歳の女性。布団を持ち上げようとした際、背部から腹部への強い帯状痛を生じ、寝返りも困難となったため入院となった。入院時のエックス線(A)とMRI写真(B)を以下に示す。 この患者の病態はどれか。2つ選べ。」についての解説

  1. 左の画像はX線、右はMRIのT2強調画像です。

    X線ではX線が透過しやすい部分は黒く映り、空気、脂肪、筋(水)、骨、金属の順で透過しやすくなっています。よって、空気が一番黒く映り、金属が白く映ります。

    MRIはT1強調画像では脂肪が一番高信号で抽出され、T2強調画像は水が一番高信号で抽出されます。この問題のMRI画像では脊髄液が高信号で抽出されているので、T2強調画像になります。また、脂肪はT2でもやや高信号で抽出されるため、T2強調画像で高信号がみられる場合は、脂肪なのか水なのか微妙な場合はT1強調画像で比較するといいでしょう。

    前置きが長くなりましたが、この問題での左のX線画像は本来白く映るはずの骨組織がやや黒く映っています。骨の密度が低くなり透過性が高くなっていることを意味します。よってこの病態に合うのは「骨粗鬆症」ということになります。また、本問題文の症状から考えると骨粗鬆症の高齢者が重いものを持った時に急激な帯状痛を訴えているため、圧迫骨折を疑い、MRIでも椎体の変形がみられます。

    問題文の症状からある程度病態を想像できればいいですね。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



twitterをご紹介

#めでぃまーる」で、問題へのリンク&解説tweetを投稿すると、確認次第ここで紹介させて頂きます。

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.