スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q98 アルコールの離脱症候群はどれか。2つ選べ。

  1. 病的酩酊
  2. けいれん発作
  3. 複雑酩酊
  4. 振戦せん妄
  5. Wernicke 脳症

※ 下にスクロールしても、
「98 アルコールの離脱症候群はどれか。2つ選べ。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q98 アルコール…」の解答

2と4


スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q98 アルコールの離脱症候群はどれか。2つ選べ。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q98 アルコールの離脱症候群は……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q98 アルコール…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問98 アルコールの離脱症候群はどれか。2つ選べ。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. アルコールの離脱症候群(AWS)とは、アルコールに依存してる人に起こり、過剰なアルコール摂取期間後に、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する症状をさします。

    代表的な症状には、

    • 不安感
    • 震え
    • 発汗
    • 嘔吐
    • 頻脈
    • 微熱

    重度の場合には、てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄などがあります。

    原因としては、血中マグネシウム濃度の低下によるものが考えられています。
    マグネシウムは中枢神経系の興奮性を抑制する作用があり、血中マグネシウム濃度が低下する事で中枢神経系が過剰興奮し離脱症候群の一連の症状が起こります。

    なお、酩酊とは、血中アルコール濃度が高まっている状態、つまり飲酒によって起こる症状です。

    アルコール血中濃度に応じた通常の酩酊を単純酩酊、著しい興奮や幻覚などの精神症状を伴うような酔い方を異常酩酊と言います。

    異常酩酊はさらに、平常時ではコントロール可能な情動を抑えられなくなったり、一時的に鎮まっても興奮が再燃するなどの酩酊状態を複雑酩酊、

    意識障害や幻覚が生じたり見当識が失われて、状況認知が不可能になっている状態を病的酩酊として区別されます。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】

Q24 SOAPに関する説明で正しいのはどれか。
  1. Oには患者の言葉をそのまま記載する。
  2. Sには作業療法の評価結果を記載する。
  3. Oから治療方針を定めたものがPである。
  4. Pには他部門からの情報やカルテ情報を記載する。
  5. SとOを専門的知識によって分析した内容をAに記載する。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q25 頭部単純CTで発症直後から診断できるのはどれか。
  1. 脳梗塞
  2. 脳出血
  3. Parkinson病
  4. 多発性硬化症
  5. 白質ジストロフィー

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q47 神経性無食欲症患者の入院治療について正しいのはどれか。
  1. 活動量は目標体重に達してから増やす。
  2. 早期から高カロリーの栄養補給を行う。
  3. 全身状態の安定より先に行動療法を行う。
  4. 食行動の問題が改善するまで入院は継続する。
  5. 入院中に自己誘発性嘔吐がみられたときは退院させる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q31 疾患と作業種目の組合せで適切なのはどれか。
  1. Parkinson病-毛糸のかぎ針編み
  2. 関節リウマチ-タイルモザイク
  3. 脊髄小脳変性症-彫刻
  4. 慢性閉塞性肺疾患-木工
  5. 筋萎縮性側索硬化症-パソコン操作

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q28 関節を他動的に動かしたときの正常な最終域感と関節運動の組合せで正しいのはどれか。
  1. 骨性-手指中手指節(MP)関節伸展
  2. 靱帯の伸張-下肢伸展挙上(SLR)
  3. 軟部組織の接近-膝関節屈曲
  4. 筋の伸張感-肘関節伸展
  5. 関節包の伸張-前腕回外

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.