スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q1 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Daniels らの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。

  1. 左三角筋中部線維
  2. 右上腕二頭筋
  3. 左中殿筋
  4. 右腸腰筋
  5. 右前脛骨筋

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「1 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Daniels らの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q1 可動域制限の…」の解答

3

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 3.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q1 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Daniels らの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q1 可動域制限のない患者に図の……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q1 可動域制限の…」の解説

国試問題「第54回理学療法士国試【午後】問1 可動域制限のない患者に図のような肢位をとらせたところ5秒間保持できた。Daniels らの徒手筋力テストにおける段階3以上と推測できる筋はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 選択肢3「左中殿筋」は、抗重力位で反対側の骨盤の沈下(立脚側の股関節内転)の制動に働いているので、MMT3以上と推測する事ができます。

    左三角筋中部線維は、遠位である手部が身体に接しています。
    右上腕二頭筋は、肘関節が伸展位となっています。
    右腸腰筋と右前脛骨筋は、働いていますが最終域には達していません。

    よって、イラストにある姿勢から、選択肢1,2,4,5がMMT3以上であると推測する事はできません。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午後】

Q28 Danielsらの徒手筋力テストで、検査する筋の段階と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 腸腰筋の段階3 - 側臥位
  2. 中殿筋の段階1 - 腹臥位
  3. 大腿四頭筋の段階3 - 座位
  4. 前脛骨筋の段階4 - 立位
  5. 下腿三頭筋の段階2 - 背臥位

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q83 Danielsらの徒手筋力テストについて正しいのはどれか。
  1. 筋を最大伸長させた肢位で行う。
  2. 協働筋を個々に分離して評価できる。
  3. 関節可動域に制限があれば評価できない。
  4. 抑止テストでは徐々に徒手抵抗を強くする。
  5. 筋収縮が全く認められない筋の判定は段階1である。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q37 運動療法で正しいのはどれか。
  1. 自動運動とは重力に抗して行う運動のことである。
  2. 自動介助運動とは最小重力肢位で行う運動のことである。
  3. 等尺性運動は等張性運動よりも筋持久力増強効果が大きい。
  4. 等速性運動では低速運動の方が高速運動より大きな筋力が発揮できる。
  5. 重錘を用いた運動では全可動域にわたって筋に加わる負荷が変化しない。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q100 成人のパーソナリティ障害への治療介入で正しいのはどれか。
  1. 薬物療法は有効である。
  2. 家族との連携を控える。
  3. 早期に診断して患者に告知する。
  4. 秩序を乱した行動に対して何も言わない。
  5. 自傷行為などが頻回な場合は電気けいれん療法を行う。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q56 心臓で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 心臓壁は2層からなる。
  2. 右房室弁は三尖弁である。
  3. 心室中隔は左室側に凸である。
  4. 心尖は左第8肋間に位置する。
  5. 冠状動脈は大動脈から分岐する。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q18 60歳の女性。心不全。運動療法中に心室期外収縮が確認された。このときの心電図を示す。この心室期外収縮について正しいのはどれか。

  1. 3段脈である。
  2. P波がみられる。
  3. Lownの分類4bである。
  4. QRS幅は0.12秒未満である。
  5. 洞調律よりも早く出現する心室興奮である。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q74 成人の正常立位姿勢で正しいのはどれか。
  1. 腰仙角は約 10度である。
  2. 胸椎と仙椎は前弯を示す。
  3. 矢状面上における重心は仙骨の後方に位置する。
  4. 矢状面における身体の重心線は足関節中心を通る。
  5. 両上前腸骨棘と恥骨結合を含む面は前額面とほぼ一致する。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q75 疾患と病理学的変化の組合せで正しいのはどれか。
  1. Parkinson病 - 大脳白質の変性
  2. 多発性硬化症 - 中枢神経の脱髄
  3. Lewy小体型認知症 - 大脳白質の虚血
  4. 筋萎縮性側索硬化症 - 脊髄後索の変性
  5. Guillain-Barré症候群 - 脊髄前角の変性

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.