スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。

  1. 静止膜電位は負の値である。
  2. 活動電位は全か無の法則に従う。
  3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。
  4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。
  5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。

※ 下にスクロールしても、
「61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q61 細胞膜電位…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 1.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q61 細胞膜電位について誤って……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q61 細胞膜電位…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 活動電位とは、細胞内電位が一定の値よりも浅くなったとき、それに続く一過性の大きな電位変化のことを言います。

    生きている細胞は静止膜電位をもっていますが、体をつくる多くの組織細胞は活動電位を発生しません。
    活動電位を発生する細胞は、①神経細胞(ニューロン)や②筋細胞などの限られた細胞のみとなっています。

    活動電位の大まかな流れとしては、「静止電位」→「刺激」→「脱分極」→「ピーク」→「再分極」→「過分極」→「不応期」となります。

    この問題の回答である「カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。」は間違いで、「脱分極のときに細胞内から細胞外に移動(流出)する。」が正しい説明です。

    脱分極は、「ナトリウムが細胞内へ流入し、カリウムが細胞外へ流出すること」で起こります。

    ナトリウムチャネルが先に開き、ナトリウムチャンネルの不活化ゲートが閉まるころに、カリウムチャンネルが開くというタイムラグがあります。

    つまり、カリウムチャネルは、ナトリウムチャンネルよりも遅れます。
    なので、ナトリウムの細胞内流入のあとに、カリウムは細胞外の流出が始まることになります。

    なお、脱分極により細胞内がプラスに変わった後に、マイナスに向かうことを「再分極」といいます。

    4
    2
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午前】

Q21 中枢神経障害の回復機序に関するアンマスキング(unmasking)の説明として適切なのはどれか。
  1. 神経損傷で抑制シナプスが活動しなくなったために機能が発現する。
  2. 脱神経のために受容体抗体ができ興奮性を高める。
  3. 神経線維が脱神経領域に伸びてシナプス形成する。
  4. 損傷部位より下位の組織が再編成されて機能する。
  5. 軸索切断後、近位部から神経線維が再生する。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q61 1本の神経線維を電気刺激した場合の興奮伝導の説明で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 興奮は一方向に伝わる。
  2. 興奮は減衰せずに伝わる。
  3. 興奮は太い線維ほど速く伝わる。
  4. 興奮は並走する別の線維に伝わる。
  5. 有髄線維では興奮が髄鞘に伝わる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q74 フィードバックの説明で正しいのはどれか。
  1. 平均フィードバックは試行ごとに与える。
  2. 帯域幅フィードバックは何回分かをまとめて一度に与える。
  3. 同時フィードバックは運動課題を実行している最中に与える。
  4. 漸減的フィードバックは誤差が一定の幅を外れた場合に与える。
  5. 要約フィードバックは学習の進行に伴い頻度を減らして与える。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q44 慢性腎不全患者に対する運動療法として正しいのはどれか。
  1. 運動によって腎血流は増加する。
  2. 血液透析日にも運動療法が行われる。
  3. 運動療法によって糸球体濾過量が改善する。
  4. 下肢の浮腫には起立台での起立練習が有効である。
  5. 病期分類ステージ5の症例では5〜6METs の運動が適応となる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q32 右半球損傷による全般性注意障害の片麻痺患者に対する初期の基本動作支援につ いて正しいのはどれか。
  1. 移乗動作の誤りを繰り返し修正する。
  2. 杖歩行は複数人とすれ違う環境から開始する。
  3. 車椅子駆動練習は外乱の少ない環境から開始する。
  4. 寝返りにおける性急な動作は口頭指示で修正する。
  5. 起き上がり動作は一連の動作を一度に口頭で指導する。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q13 56歳の男性。閉塞性動脈硬化症。半年前から左下から足部にかけて冷感と痛みが発現し、歩行距離も低下している。 検査法と結果の組合せで正しいのはどれか。
  1. 立位体前屈 - 痛みの軽減
  2. 足背動脈の触診 - リズムの不整
  3. 足関節上腕血圧比 - 1.2以上
  4. 両下肢の下垂試験 - 感覚異常の出現
  5. トレッドミル歩行 - 間欠性跛行の出現

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.