スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。

  1. 静止膜電位は負の値である。
  2. 活動電位は全か無の法則に従う。
  3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。
  4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。
  5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q61 細胞膜電位…」の解答

5

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 1.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q61 細胞膜電位について誤って……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q61 細胞膜電位…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 活動電位とは、細胞内電位が一定の値よりも浅くなったとき、それに続く一過性の大きな電位変化のことを言います。

    生きている細胞は静止膜電位をもっていますが、体をつくる多くの組織細胞は活動電位を発生しません。
    活動電位を発生する細胞は、①神経細胞(ニューロン)や②筋細胞などの限られた細胞のみとなっています。

    活動電位の大まかな流れとしては、「静止電位」→「刺激」→「脱分極」→「ピーク」→「再分極」→「過分極」→「不応期」となります。

    この問題の回答である「カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。」は間違いで、「脱分極のときに細胞内から細胞外に移動(流出)する。」が正しい説明です。

    脱分極は、「ナトリウムが細胞内へ流入し、カリウムが細胞外へ流出すること」で起こります。

    ナトリウムチャネルが先に開き、ナトリウムチャンネルの不活化ゲートが閉まるころに、カリウムチャンネルが開くというタイムラグがあります。

    つまり、カリウムチャネルは、ナトリウムチャンネルよりも遅れます。
    なので、ナトリウムの細胞内流入のあとに、カリウムは細胞外の流出が始まることになります。

    なお、脱分極により細胞内がプラスに変わった後に、マイナスに向かうことを「再分極」といいます。

    4
    2
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q61 1本の神経線維を電気刺激した場合の興奮伝導の説明で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 興奮は一方向に伝わる。
  2. 興奮は減衰せずに伝わる。
  3. 興奮は太い線維ほど速く伝わる。
  4. 興奮は並走する別の線維に伝わる。
  5. 有髄線維では興奮が髄鞘に伝わる。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q21 中枢神経障害の回復機序に関するアンマスキング(unmasking)の説明として適切なのはどれか。
  1. 神経損傷で抑制シナプスが活動しなくなったために機能が発現する。
  2. 脱神経のために受容体抗体ができ興奮性を高める。
  3. 神経線維が脱神経領域に伸びてシナプス形成する。
  4. 損傷部位より下位の組織が再編成されて機能する。
  5. 軸索切断後、近位部から神経線維が再生する。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q86 変形性膝関節症について正しいのはどれか。
  1. 男性に多い。
  2. 膝関節液は混濁している。
  3. 内側楔状足底板が有用な場合が多い。
  4. 初期の疼痛は動作開始時に出現しやすい。
  5. エックス線像では外側関節裂隙が狭小化している場合が多い。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q91 中枢神経の先天奇形とその特徴の組合せで正しいのはどれか。
  1. 小頭症-脳圧亢進
  2. 滑脳症-脳溝増加
  3. 二分脊椎-水頭症合併
  4. Dandy Walker症候群-後頭蓋縮小
  5. Arnold Chiari奇形-脊髄の頭蓋内嵌入

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。
  1. 男性に多い。
  2. 高齢者に多い。
  3. 自発痛はない。
  4. 手関節伸筋腱の付着部の炎症である。
  5. 物を持ち上げる際は前腕回内位で行うようにする。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q45 発病後間もないうつ病患者への対応で適切なのはどれか。
  1. 気分転換になる活動を勧める。
  2. 自殺についての話題は避ける。
  3. 回復の可能性は高いことを強調する。
  4. 心構えに問題があることを説明する。
  5. 重大な決断は早く済ませるように促す。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q48 疾患と自助具の組合せで正しいのはどれか。
  1. 片麻痺 - ボタンエイド
  2. 片側上肢の切断 - プルトップオープナー
  3. 脊髄小脳変性症 - リーチャー
  4. 両側上肢の切断 - 台付き爪切り
  5. アテトーゼ型脳性麻痺 - ソックスエイド

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q27 遠城寺式乳幼児分析的発達検査における手の運動で、生後〜10か月の発達段階であるのはどれか。
  1. ガラガラを振る。
  2. 積木をつ重ねる。
  3. 鉛筆でぐるぐる丸を書く。
  4. 瓶の蓋を開けたり閉めたりする。
  5. おもちゃを一方の手から他方に持ち替える。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q45 がん患者の緩和ケア病棟におけるリハビリテーションで正しいのはどれか。
  1. QOL より機能回復を優先する。
  2. 肺癌では呼吸介助は禁忌となる。
  3. 疼痛に対して温熱療法は禁忌である。
  4. 病名告知を前提として理学療法を行う。
  5. 骨転移の有無に合わせて理学療法の内容を変更する。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.