スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回作業療法士国家試験【午前】 第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。

  1. 静止膜電位は負の値である。
  2. 活動電位は全か無の法則に従う。
  3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。
  4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。
  5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。


※下にスクロールしても、
「61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

5

1.静止状態では負となり、1は正しいです。

2.活動電位は、全か無の法則に従うので、2は正しいです。






国試問題「61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。」についての解説

  1. 活動電位とは、細胞内電位が一定の値よりも浅くなったとき、それに続く一過性の大きな電位変化のことを言います。

    生きている細胞は静止膜電位をもっていますが、体をつくる多くの組織細胞は活動電位を発生しません。
    活動電位を発生する細胞は、①神経細胞(ニューロン)や②筋細胞などの限られた細胞のみとなっています。

    活動電位の大まかな流れとしては、「静止電位」→「刺激」→「脱分極」→「ピーク」→「再分極」→「過分極」→「不応期」となります。

    この問題の回答である「カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。」は間違いで、「脱分極のときに細胞内から細胞外に移動(流出)する。」が正しい説明です。

    脱分極は、「ナトリウムが細胞内へ流入し、カリウムが細胞外へ流出すること」で起こります。

    ナトリウムチャネルが先に開き、ナトリウムチャンネルの不活化ゲートが閉まるころに、カリウムチャンネルが開くというタイムラグがあります。

    つまり、カリウムチャネルは、ナトリウムチャンネルよりも遅れます。
    なので、ナトリウムの細胞内流入のあとに、カリウムは細胞外の流出が始まることになります。

    なお、脱分極により細胞内がプラスに変わった後に、マイナスに向かうことを「再分極」といいます。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回作業療法士国家試験【午前】, 第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.