スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

                           

第52回作業療法士国家試験【午前100問】

/午後

+ 国試問題リスト クリックで表示

スポンサーリンク

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q51 外胚葉から発生するのはどれか。


  1. 心臓
  2. 膀胱
  3. 卵巣
  4. 骨格筋

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q52 体表から触知できるのはどれか。2つ選べ。


  1. 歯突起
  2. 結節間溝
  3. 胸骨角
  4. 顆間隆起
  5. 舟状骨粗面

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q53 回旋筋腱板を構成する筋はどれか。2つ選べ。


  1. 棘上筋
  2. 肩甲挙筋
  3. 広背筋
  4. 小円筋
  5. 前鋸筋

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q54 第2中手骨底に付着する筋はどれか。


  1. 円回内筋
  2. 尺側手根屈筋
  3. 浅指屈筋
  4. 長掌筋
  5. 橈側手根屈筋

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q55 胸椎に付着する筋はどれか。


  1. 外腹斜筋
  2. 肩甲挙筋
  3. 前鋸筋
  4. 僧帽筋
  5. 内腹斜筋

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q56 二重神経支配の筋はどれか。


  1. 長内転筋
  2. 大内転筋
  3. 中間広筋
  4. 半膜様筋
  5. ヒラメ筋

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q57 脳血管とその還流域の組合せで正しいのはどれか。


  1. 前大脳動脈-黒質
  2. 中大脳動脈-海馬
  3. 後大脳動脈-視床
  4. 脳底動脈-Broca野
  5. 椎骨動脈-中心前回

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-,

Q58 大脳辺縁系とその働きの組合せで正しいのはどれか。


  1. 海馬-体温調節
  2. 嗅球-内分泌
  3. 視床下部-長期記憶
  4. 帯状回-運動学習
  5. 桃体-短期記憶

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q59 同一の臓器から分泌されるホルモンの組合せで誤っているのはどれか。


  1. アルドステロン-コルチゾール
  2. インスリン-グルカゴン
  3. エリスロポエチン-レニン
  4. オキシトシン-バソプレシン
  5. カルシトニン-パラトルモン

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q60 視覚器で正しいのはどれか。


  1. 毛様体には血管がない。
  2. 虹彩には瞳孔散大筋がある。
  3. 眼動脈は外頸動脈の分枝である。
  4. 眼球壁外膜は強膜と内膜からなる。
  5. 角膜には血管が多数分布している。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。


  1. 静止膜電位は負の値である。
  2. 活動電位は全か無の法則に従う。
  3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。
  4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。
  5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q62 運動単位について誤っているのはどれか。


  1. 1個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。
  2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。
  3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。
  4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。
  5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。


  1. 筋紡錘
  2. Pacini小体
  3. Ruffini終末
  4. 自由神経終末
  5. Meissner小体

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。


  1. 呼吸数は 25/分程度である。
  2. 呼気時の気道内圧は陽圧である。
  3. 呼気時の胸腔内圧は陽圧である。
  4. 呼気時に外肋間筋の収縮がみられる。
  5. 吸気時に胸鎖乳突筋の収縮がみられる。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q65 血液凝固因子はどれか。


  1. アルブミン
  2. トロンビン
  3. ヘモグロビン
  4. プラスミノゲン
  5. エリスロポエチン

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q66 胃液の分泌を促進するのはどれか。2つ選べ。


  1. 胃壁の伸展
  2. 胃内 pH の低下
  3. 交感神経の緊張
  4. ガストリンの分泌
  5. 十二指腸内への酸性内容物の流入

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q67 尿の生成について正しいのはどれか。


  1. 集合管では尿の希釈を行う。
  2. 血漿蛋白は糸球体を透過する。
  3. 血液の濾過は腎小体で行われる。
  4. 近位尿細管ではアンモニアの再吸収を行う。
  5. 抗利尿ホルモンは水の再吸収量を減少させる。

解答を今すぐ確認

3

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q68 老化に伴う生理機能の変化で正しいのはどれか。


  1. 血管抵抗は低下する。
  2. 残気量は減少する。
  3. 心拍出量は増加する。
  4. 肺活量は増加する。
  5. 予備呼気量は減少する。

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q69 立位姿勢が安定しているのはどれか。


  1. 支持基底面が狭い。
  2. 重心の位置が高い。
  3. 床と足底の接触面の摩擦抵抗が小さい。
  4. 上半身と下半身の重心線が一致している。
  5. 重心線の位置が支持基底面の中心から離れている。

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q70 肩甲骨の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。


  1. 挙上-小胸筋
  2. 下制-鎖骨下筋
  3. 外転-僧帽筋
  4. 内転-菱形筋
  5. 下方回旋-前鋸筋

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q71 前腕回外に作用する筋はどれか。


  1. 長掌筋
  2. 小指伸筋
  3. 上腕二頭筋
  4. 長母指屈筋
  5. 橈側手根屈筋

解答を今すぐ確認

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

-

Q72 股関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。


  1. 屈曲 - 梨状筋
  2. 伸展 - 大腰筋
  3. 内転 - 薄筋
  4. 内旋 - 上双子筋
  5. 外旋 - 半腱様筋

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q73 足部アーチについて正しいのはどれか。


  1. 外側縦アーチの要石は外側楔状骨である。
  2. 外側縦アーチは内側縦アーチよりも長い。
  3. 内側縦アーチは外がえしで高くなる。
  4. 内側縦アーチは中足指節関節の伸展時に高くなる。
  5. 足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは立方骨である。

解答を今すぐ確認

4

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q74 フィードバックの説明で正しいのはどれか。


  1. 平均フィードバックは試行ごとに与える。
  2. 帯域幅フィードバックは何回分かをまとめて一度に与える。
  3. 同時フィードバックは運動課題を実行している最中に与える。
  4. 漸減的フィードバックは誤差が一定の幅を外れた場合に与える。
  5. 要約フィードバックは学習の進行に伴い頻度を減らして与える。

解答を今すぐ確認

3

間違えた人におすすめ▽
PTOTの国試対策におすすめ参考書|2019

▶︎ 国試過去問の解答&解説

第52回作業療法士国試【午前】

                     

スポンサーリンク

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.