スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。

  1. 筋紡錘
  2. Pacini小体
  3. Ruffini終末
  4. 自由神経終末
  5. Meissner小体

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q63 腱をたたい…」の解答

1

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 1.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q63 腱をたたいて骨格筋を急速……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q63 腱をたたい…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. KS より:

    筋紡錘は筋内にある長さが6〜8mmの固有受容器である。筋紡錘が急激に伸張されるとそこから発する求心生入力は脊髄に伝わり、同じ筋の運動ニューロンに興奮を伝え、伸張された筋の収縮が起こる。
    Pacini小体は皮下組織にあり、マイスナー小体とともに触覚をつかさどる。
    Ruffini終末は持続的な皮膚変位に反応し、順応は遅い。
    自由神経終末は触覚・温覚・痛覚などをつかさどる。
    Meissner小体は皮膚変位に反応し、比較的順応は早い。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q57 脳血管とその還流域の組合せで正しいのはどれか。
  1. 前大脳動脈-黒質
  2. 中大脳動脈-海馬
  3. 後大脳動脈-視床
  4. 脳底動脈-Broca野
  5. 椎骨動脈-中心前回

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q35 Duchenne型筋ジストロフィーにみられる症状はどれか。
  1. 踵足変形
  2. 視力低下
  3. 深部感覚障害
  4. Babinski 反射陽性
  5. 下腿三頭筋仮性肥大

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q62 運動単位について誤っているのはどれか。
  1. 1個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。
  2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。
  3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。
  4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。
  5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q46 三次予防に含まれるのはどれか。
  1. 早期発見
  2. 早期治療
  3. 予防接種
  4. 健康増進
  5. リハビリテーション

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q49 Heinrichの法則について正しいのはどれか。
  1. 有害事象を6段階で示している。
  2. 多くの人が関わると事故が多くなる。
  3. 1つの大事故に対して多数の小さな事故が発生している。
  4. およそ2割の人の努力で8割の事故を防ぐことができる。
  5. 二重の確認によって事故を3割程度減少させることができる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q62 運動単位について誤っているのはどれか。
  1. 1個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。
  2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。
  3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。
  4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。
  5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q24 SOAPに関する説明で正しいのはどれか。
  1. Oには患者の言葉をそのまま記載する。
  2. Sには作業療法の評価結果を記載する。
  3. Oから治療方針を定めたものがPである。
  4. Pには他部門からの情報やカルテ情報を記載する。
  5. SとOを専門的知識によって分析した内容をAに記載する。

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.