スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q65 血液凝固因子はどれか。

  1. アルブミン
  2. トロンビン
  3. ヘモグロビン
  4. プラスミノゲン
  5. エリスロポエチン

※ 下にスクロールしても、
「65 血液凝固因子はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q65 血液凝固因…」の解答

2

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q65 血液凝固因子はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q65 血液凝固因子はどれか。」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q65 血液凝固因…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問65 血液凝固因子はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 血液の凝固系が作動するのに必要な因子(少なくとも12種類が知られており、第Ⅳ因子以外はタンパク質)を総称して血液凝固因子と呼びます。

    損傷などが起きると血液中に存在する因子が活性化され、これが引き金となり、次々と他の因子を活性化、最終的にフィブリノーゲンを活性化してフィブリンに変えることで血液凝固が行なわれます。

    血液凝固因子は以下の通りです。

    1. フィブリノゲン
    2. プロトロンビン
    3. 組織因子
    4. カルシウムイオン
    5. プロアクセレリン
    6. (欠番)
    7. プロコンバーチン
    8. 抗血友病因子
    9. クリスマス因子
    10. スチュワート因子
    11. PTA
    12. ハーゲマン因子
    13. フィブリン安定化因子
      フォンビルブランド因子
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午前】

Q29 注意機能の評価はどれか。
  1. SCT
  2. MMPI
  3. バウムテスト
  4. TMT‡(trail making testŒ)
  5. Kohs 立方体組合せテスト

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q73 足部アーチについて正しいのはどれか。
  1. 外側縦アーチの要石は外側楔状骨である。
  2. 外側縦アーチは内側縦アーチよりも長い。
  3. 内側縦アーチは外がえしで高くなる。
  4. 内側縦アーチは中足指節関節の伸展時に高くなる。
  5. 足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは立方骨である。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q92 高齢者の肺炎の特徴として正しいのはどれか。
  1. 高熱がみられる。
  2. 誤嚥性肺炎が多い。
  3. 肺尖部の病巣が多い。
  4. 咳反射の亢進がみられる。
  5. 死因となる例は減少している。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q93 急性心筋梗塞後の運動療法の効果として正しいのはどれか。
  1. 梗塞範囲の減少
  2. 心室破裂の減少
  3. 心囊液貯留の減少
  4. 左室駆出率の増加
  5. 急性期心臓死の減少

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.