スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回作業療法士国家試験【午前】 第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。

  1. 呼吸数は 25/分程度である。
  2. 呼気時の気道内圧は陽圧である。
  3. 呼気時の胸腔内圧は陽圧である。
  4. 呼気時に外肋間筋の収縮がみられる。
  5. 吸気時に胸鎖乳突筋の収縮がみられる。


※下にスクロールしても、
「64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

2






国試問題「64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。」についての解説

  1. 安静時の健康な成人の平均的な呼吸数は、毎分12~20回(平均16回)です。
    1回換気量(深さ)は450~500mlとなっています。

    呼吸数が24回/分以上だと頻呼吸となり、12回/分以下だと徐呼吸となります。どちらも換気量は変わりません。
    問題文①は、頻呼吸となるため間違いです。

    胸腔内圧は常に陰圧となっていて、肺に対して外向きの力として作用します。
    呼気時は、横隔膜が元の大きさに戻ろうとして弛緩し、胸腔の体積が縮小するので、胸腔内圧は上昇しますが、これは陰圧が弱まるのであり、陽圧になるわけではありません。
    よって、問題文③の「陽圧」は間違いです。

    外肋間筋には、肋骨を引き上げる作用があり、吸気に関与します。
    努力呼吸の吸気時には胸鎖乳突筋が働きますが、正常安静呼吸では、吸気は主に横隔膜の収縮による収縮と、前述の外肋間筋が使用されます。
    よって、問題文④、⑤ともに間違いとなります。(問題では、安静時呼吸についての質問であるため胸鎖乳突筋は間違いです。)

  2. 呼吸に関する細く情報

    頻呼吸:呼吸数が24回/分以上|換気量は不変
    徐呼吸:呼吸数が12回/分以下|換気量は不変
    大呼吸:換気量が増加|呼吸数は不変
    浅呼吸:換気量が減少|呼吸数は不変
    過呼吸:呼吸数、換気量ともに増加
    減呼吸:呼吸数、換気量ともに減少

    ※ 換気量:ここでは、呼吸1回あたりの換気量を指しています。
    ※ 1回換気量(深さ)は450~500ml

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回作業療法士国家試験【午前】, 第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.