スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回作業療法士国家試験【午前】 第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

62 運動単位について誤っているのはどれか。

  1. 個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。
  2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。
  3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。
  4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。
  5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。


※下にスクロールしても、
「62 運動単位について誤っているのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

4






国試問題「62 運動単位について誤っているのはどれか。」についての解説

  1. 「一本の運動神経線維が何本の筋繊維を支配しているか」という比を神経支配比(innervation ratio)と言います。

    大きな収縮力は必要だが、精密な動きは必要のない体幹や下腿の筋肉では神経支配比は1対150〜1000以上と神経支配比は大きいですが、正確で細かい緻密な運動・急速運動をする眼筋、舌、手内在筋などは、1対10以下で神経支配比は極端に小さい数値となっています。

    つまり、「緻密な動きを求められる筋の神経支配比は小さい」となります。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回作業療法士国家試験【午前】, 第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.