スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」で触診できるのはどれか。

  1. 月状骨
  2. 三角骨
  3. 舟状骨
  4. 小菱形骨
  5. 有頭骨

※ 下にスクロールしても、
「59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」で触診できるのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q59 解剖学的「…」の解答

3

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」で触診できるのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q59 解剖学的「…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」で触診できるのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 解剖学的嗅ぎタバコ入れ(別名:snuff box,スナッフボックス)を構成するのは、長・短母指伸筋腱です。

    解剖学的嗅ぎタバコ入れ 構成
    掌側:短母指伸筋(EPB)、背側:長母指伸筋(EPL)

    この「解剖学的嗅ぎタバコ入れ」に位置する手根骨は舟状骨です。
    遠位手首皮線辺りで舟状骨体部を触知する事ができ、臨床的な意義としては、舟状骨骨折の限局性圧痛を触知できる部位となっていて、限局性の圧痛の有無を評価します。

    手の舟状骨骨折の場合、この解剖学的嗅ぎタバコ入れから触知できる舟状骨部に腫脹や圧痛を認めます。

          「Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ……」を理解するのにおすすめのYouTube動画がこちら▼

YouTube動画

「Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」で触診で……」の動画解説


※ めでぃまーるが運営するYouTubeチャンネル(スタディメディマール)の動画ではありません。「Q59 解剖学的「嗅ぎタバコ入れ……」を理解する際におすすめの動画として紹介させて頂いています。

関連問題の解説コメントも合わせてチェックすると、より理解が深まります。
また、「もっと詳しく解説してほしい」という希望があれば、質問フォームからご連絡をお願いします!
ゆいちゃん

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q60 末梢神経と体表からの触知部位との組合せで正しいのはどれか。
  1. 腕神経叢 - 胸鎖乳突筋の胸骨頭と鎖骨頭の間
  2. 正中神経 - 上腕近位部で烏口腕筋の外側
  3. 尺骨神経 - 肘頭と上腕骨内側上顆の間
  4. 脛骨神経 - 外果とアキレス腱の間
  5. 総腓骨神経 - 膝窩部で半腱様筋腱の内側

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q45 緊張型統合失調症の昏迷の治療として用いられるのはどれか。
  1. EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)
  2. NEAR(Neuropsychological and Educational Approach to cognitive Remediation)
  3. TEACCH(Treatment and Education of Autistic and related Communication handicapped Children)
  4. 電気けいれん療法
  5. 暴露反応妨害法

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q21 作業療法に関する歴史について正しいのはどれか。
  1. IL運動によってADLが誕生した。
  2. 作業療法の起源は道徳療法にある。
  3. 呉秀三は認知行動療法を実践した。
  4. 加藤普佐次郎は肢体不自由児施設の創始者である。
  5. 昭和20年に理学療法士作業療法士法が制定された。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q67 副甲状腺ホルモンで正しいのはどれか。
  1. 骨吸収を促進する。
  2. 好酸性細胞で分泌される。
  3. リンの再吸収を促進する。
  4. 重炭酸イオンの再吸収を促進する。
  5. 遠位尿細管でのカルシウム再吸収を抑制する。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q11 72歳の女性。関節リウマチ。SteinbrockerのステージⅢ、クラス3。訪問リハビリテーションを行なっている。最近、新たに後頸部痛と歩きにくさを訴えている。この患者への対応として適切でないのはどれか。
  1. 転倒予防の指導を行う。
  2. 頸部の可動域運動を行う。
  3. 調理の際に椅子の使用を勧める。
  4. 高い枕を用いないよう指導する。
  5. 柔らかいマットレスを避けるよう指導する。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q23 歩行について正しいのはどれか。
  1. 身長が高いほど重複歩距離は短くなる。
  2. 進行方向と足の長軸がなす角度を足角という。
  3. 両脚支持期は歩行速度が速くなると長くなる。
  4. 水平面上の進行方向に対して垂直方向の両足の開きを歩幅という。
  5. 一側の踵が接地してから再び接地するまでの時間をステップ時間という。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.