スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 腓腹筋
  2. 短腓骨筋
  3. 前脛骨筋
  4. 後脛骨筋
  5. 大腿筋膜長筋

※ 下にスクロールしても、
「4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q4 Daniel…」の解答

4

適切なものが一つしかない。


不適切問題

採点上の取扱い
採点対象から除外する。

理 由
設問が不十分で正解が得られないため。

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q4 Danielsらの徒手筋カ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q4 Daniel…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午後】問4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 問題文では、2つ選べとなっていますが、正しい触診を行なっているのは、選択肢4「後脛骨筋」のイラストのみであり、他の選択肢は間違いです。

    選択肢5「大腿筋膜長筋」は、正答にも見えますが、触診を行う際は通常、示指と中指で行うのが基本であり、イラストでは、大腿近位部の前後方向中間位を触察しています。

    この部位は、腸脛靭帯であると考えられ、大腿筋膜張筋ではないと言えます。よって、正解は4の後脛骨筋のみとなります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午前】

Q2 Danielsらの徒手筋力テストについて正しいのはどれか。
  1. 検査は5段階から実施する。
  2. 徒手抵抗は検査する関節の近位部に加える。
  3. 繰り返し実施することで筋持久力を評価する。
  4. 段階2は重力の影響を最小限にした肢位で実施する。
  5. 抑止(ブレーク)テストでは徐々に徒手抵抗を強くする。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q13 56歳の男性。閉塞性動脈硬化症。半年前から左下から足部にかけて冷感と痛みが発現し、歩行距離も低下している。 検査法と結果の組合せで正しいのはどれか。
  1. 立位体前屈 - 痛みの軽減
  2. 足背動脈の触診 - リズムの不整
  3. 足関節上腕血圧比 - 1.2以上
  4. 両下肢の下垂試験 - 感覚異常の出現
  5. トレッドミル歩行 - 間欠性跛行の出現

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q6 脳出血後の頭部CTを示す。最も生じやすい症状はどれか。

  1. 系列的な動作が順番通りにできない。
  2. 脳出血発症前のことが思い出せない。
  3. 左からの刺激に反応しない。
  4. 左手の感覚が脱失する。
  5. 人の顏が区別できない。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q38 超音波療法について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 周波数は深達度に影響しない。
  2. 成長期の小児の骨端線への照射は避ける。
  3. 水中の照射では温熱効果は期待できない。
  4. 骨セメントを使用している部位は照射を避ける。
  5. 空気中の照射では皮膚とプローブを約10cm離す。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q47 Down症児の初期の腹臥位での移動の特徴はどれか。
  1. 股関節の外転
  2. 伸展側下肢の尖足傾向
  3. 上肢の過剰な引き込み
  4. 緊張性迷路反射の残存
  5. 下肢運動の交互性の欠如

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q80 訓練療法でないのはどれか。
  1. 森田療法
  2. シェイピング
  3. 認知行動療法
  4. 系統的脱感作法
  5. 来談者中心療法

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.