スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 腓腹筋
  2. 短腓骨筋
  3. 前脛骨筋
  4. 後脛骨筋
  5. 大腿筋膜長筋

※ 下にスクロールしても、
「4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q4 Daniel…」の解答

4

適切なものが一つしかない。


不適切問題

採点上の取扱い
採点対象から除外する。

理 由
設問が不十分で正解が得られないため。

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q4 Danielsらの徒手筋カ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q4 Daniel…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午後】問4 Danielsらの徒手筋カテストにおける触診部位として正しいのはどれか。2つ選べ。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 問題文では、2つ選べとなっていますが、正しい触診を行なっているのは、選択肢4「後脛骨筋」のイラストのみであり、他の選択肢は間違いです。

    選択肢5「大腿筋膜長筋」は、正答にも見えますが、触診を行う際は通常、示指と中指で行うのが基本であり、イラストでは、大腿近位部の前後方向中間位を触察しています。

    この部位は、腸脛靭帯であると考えられ、大腿筋膜張筋ではないと言えます。よって、正解は4の後脛骨筋のみとなります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q90 神経麻痺と起こり得る症状の組合せで正しいのはどれか。
  1. 腋窩神経麻痺:下垂指
  2. 肩甲上神経麻痺:Phalen徽候
  3. 前骨間神経麻痺:涙滴徴候
  4. 大腿神経麻痺:下垂足
  5. 副神経麻痺:翼状肩甲

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q82 失語症分類と特徵の組合せで正しいのはどれか。
    失語症 / 流暢性 / 理解

  1. Broca失語 / 非流暢 / 軽〜中等度の障害
  2. Wernicke 失語 / 流暢 / 良好
  3. 健忘失語 / 非流暢 / 良好
  4. 超皮質性運動失語 / 流暢 / 重度の障害
  5. 伝導失語 / 非流暢 / 中等〜重度の障害

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q91 胃癌について正しいのはどれか。
  1. 噴門部に好発する。
  2. 放射線療法が有効である。
  3. 組織型で最も多いのは腺癌である。
  4. 我が国では発症率が増加している。
  5. 我が国の悪性腫瘍による死因の第一位である。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q31 Heberden結節の好発部位はどれか。
  1. 遠位指節間関節
  2. 遠位橈尺関節
  3. 近位指節間関節
  4. 近位燒尺関節
  5. 中手指節関節

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.