スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q36 うっ血性心不全でみられるのはどれか。

  1. 咳嗽
  2. 皮膚紅潮
  3. 頸動脈雑音
  4. 心胸郭比40%
  5. 初期の体重減少

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「36 うっ血性心不全でみられるのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q36 うっ血性心…」の解答

1

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 3.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q36 うっ血性心不全でみられるのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q36 うっ血性心不全でみられる……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q36 うっ血性心…」の解説

国試問題「第52回理学療法士国試【午前】問36 うっ血性心不全でみられるのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 心不全の典型的な症状は以下の通りです。

    左心系の症状=低酸素血症
    ・労作時呼吸困難(進行すると安静時呼吸困難も出現)
    ・起座呼吸
    ・動悸
    ・四肢のチアノーゼ

    右心系の症状=うっ血・むくみなどの「全身→心臓」の還流障害
    ・顔面・四肢の浮腫(浮腫による体重増加)
    ・食欲不振 (腸管浮腫)
    ・腹部膨満
    ・うっ血肝
    ・頸静脈の怒張

    問題の選択では、左心系の症状と思われる「咳嗽」のみが、心不全の症状に該当します。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第55回理学療法士国試【午後】

Q24 除細動が必要となる可能性が高い不整脈はどれか。
  1. Ⅰ度房室ブロック
  2. 心室頻拍
  3. 単発の上室期外収縮
  4. 慢性心房細動
  5. 連続しない心室期外収縮

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q42 慢性心不全患者に対する運動療法の効果で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. BNPの増加
  2. QOLの改善
  3. 運動耐容能の向上
  4. 左室駆出率の低下
  5. 交感神経活性の亢進

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q25 フレイルの説明で正しいのはどれか。
  1. サルコペニアと関連がある。
  2. 体重は増加している者が多い。
  3. 虚弱高齢者とは区別される病態を有する。
  4. 地域在住高齢者での該当者は2%程度である。
  5. 精神的な活力の低下は判断の要素に含まれない。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q41 関節リウマチの症状と理学療法の組合せで正しいのはどれか。
  1. 肩関節痛-持続伸張運動
  2. 手指の変形-超音波療法
  3. 足の外反母指-金属支柱付短下肢装具
  4. 膝関節外反変形-外側ウェッジ
  5. 環軸関節亜脱臼-頸椎前屈姿勢の予防

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q3 動脈血ガス分析の結果を表に示す。 正しいのはどれか。

pH 7.473
PaCO2 33.4 mmHg
PaO2 60.2 mmHg
HCO3- 22.8 mEq/L

  1. 呼吸性アシドーシス
  2. 代謝性アルカローシス
  3. 共用基準範囲
  4. 代謝性アシドーシス
  5. 呼吸性アルカローシス

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.