スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q6 手の写真を示す。上腕骨骨幹部骨折による神経麻痺によって生じやすいのはどれか。

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「6 手の写真を示す。上腕骨骨幹部骨折による神経麻痺によって生じやすいのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q6 手の写真を示…」の解答

4

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q6 手の写真を示す。上腕骨骨幹部骨折による神経麻痺によって生じやすいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q6 手の写真を示す。上腕骨骨幹……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q6 手の写真を示…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問6 手の写真を示す。上腕骨骨幹部骨折による神経麻痺によって生じやすいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 上腕骨骨幹部骨折は交通事故の他に、投球動作や腕相撲などの捻じる力が瞬間的に強く加わることで発生します。

    上腕骨骨折の合併症は主に以下の二つです。

    ・橈骨神経麻痺
    ・偽関節

    問題文では、神経麻痺について聞いているので、「橈骨神経麻痺」によって起こる手の肢位を選びます。

    橈骨神経麻痺に特徴的な肢位が「下垂手(drop hand)」です。
    ちなみに、橈骨神経が肘関節の屈側で傷害されると「下垂指(drop finger)」になります。
    問題文では、上腕骨骨幹部骨折となっているので、「下垂手(drop hand)」を選べば正解です。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午後】

Q26 小指の感覚をつかさどる神経根と末梢神経の組合せはどれか。
  1. 第6頸髄神経根 - 橈骨神経
  2. 第7頸髄神経根 - 正中神経
  3. 第7頸髄神経根 - 尺骨神経
  4. 第8頸髄神経根 - 正中神経
  5. 第8頸髄神経根 - 尺骨神経

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q90 神経麻痺と起こり得る症状の組合せで正しいのはどれか。
  1. 腋窩神経麻痺:下垂指
  2. 肩甲上神経麻痺:Phalen徽候
  3. 前骨間神経麻痺:涙滴徴候
  4. 大腿神経麻痺:下垂足
  5. 副神経麻痺:翼状肩甲

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q35 多発性硬化症に対する作業療法で正しいのはどれか。
  1. MS fatigueに対して、Borg指数15に運動強度設定する。
  2. Uhthoff徴候に対して、室温を25度以下に設定して運動を行う。
  3. 筋力低下に対して、漸増抵抗運動を行う。
  4. 視力障害を伴う協調性運動障害に対して、Frenkel体操を行う
  5. 有痛性強直性けいれんに対して、他動的関節可動域訓練を行う。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q21 作業療法に関する歴史について正しいのはどれか。
  1. IL運動によってADLが誕生した。
  2. 作業療法の起源は道徳療法にある。
  3. 呉秀三は認知行動療法を実践した。
  4. 加藤普佐次郎は肢体不自由児施設の創始者である。
  5. 昭和20年に理学療法士作業療法士法が制定された。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q46 うつ病の回復初期の患者への対応で最も適切なのはどれか。
  1. 就労を勧める。
  2. チームでのスポーツを勧める。
  3. 休憩を早めに取るように勧める。
  4. 物事は自分で判断するように促す。
  5. 行動の結果の良し悪しを明確に伝える。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q100 親しい人間関係を構築できず、奇異な考え方や風変わりな行動が継続してみられ、パーソナリティ障害を指摘された。最も考えられるのはどれか。
  1. 演技性パーソナリティ障害
  2. 依存性パーソナリティ障害
  3. 統合失調型パーソナリティ障害
  4. 猜疑性<妄想性>パーソナリティ障害
  5. シゾイド<統合失調質>パーソナリティ障害

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q54 錐体路について誤っているのはどれか。
  1. 大脳の運動皮質から始まる。
  2. 大脳の基底核を経由する。
  3. 大脳脚を経由する。
  4. 大多数は延髓で交差する。
  5. 脊髓の前角でシナプスを形成する。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.