スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午後】 詳しい解説付き!

更新日:

16 20歳の女性。1か月前に転倒し、疼痛は軽減したが膝関節の不安定感があり来院した。実施した検査を図に示す。矢印は力を加えた方向を示す。 この検査で陽性となったとき、損傷されたのはどれか。

  1. 外側側副靱帯
  2. 後十字靱帯
  3. 前十字靱帯
  4. 腸脛靱帯
  5. 内側側副靱帯


※下にスクロールしても、
「16 20歳の女性。1か月前に転倒し、疼痛は軽減したが膝関節の不安定感があり来院した。実施した検査を図に示す。矢印は力を加えた方向を示す。 この検査で陽性となったとき、損傷されたのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

2






国試問題「16 20歳の女性。1か月前に転倒し、疼痛は軽減したが膝関節の不安定感があり来院した。実施した検査を図に示す。矢印は力を加えた方向を示す。 この検査で陽性となったとき、損傷されたのはどれか。」についての解説

  1. 図に示されている整形外科的テストは、膝の靭帯損傷を確認するための検査です。

    検査者の操作する方向が、前方(手前に引く)の場合は、前方引き出しテスト、後方の(奥に押す)場合は、後方引き出しテストとなり、臨床的にも用いられる頻度の高い徒手検査です。

    ・Anterior drawer(前方引き出しテスト):ACL(前十字靱帯)
    ・Posterior drawer test(後方引き出しテスト):PCL(後十字靱帯)

    この問題は、矢印の方向から後方引き出してテストを行なっているとい判断できます。

    陽性所見としては、「痛み」ではなく、ガクッとしたend pointがないずるずるとした最終域感(end feel)です。

    その他の、後十字靱帯断裂を疑う検査としては、Posterior sagging(背臥位で、膝を90度屈曲して踵を検者が持ち上げ、左右を比較して、脛骨粗面が落ち込んでいるか否かを確認する方法。)があります。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



twitterをご紹介

#めでぃまーる」で、問題へのリンク&解説tweetを投稿すると、確認次第ここで紹介させて頂きます。

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午後】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.