スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q11 Down症候群で乳児期前半にみられる特徴的な姿勢はどれか。


※ 下にスクロールしても、
「11 Down症候群で乳児期前半にみられる特徴的な姿勢はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q11 Down症…」の解答

2

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q11 Down症候群で乳児期前半にみられる特徴的な姿勢はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q11 Down症候群で乳児期前……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q11 Down症…」の解説

国試問題「第52回理学療法士国試【午後】問11 Down症候群で乳児期前半にみられる特徴的な姿勢はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 新生児は生後28日まで、乳児は生後28日から1歳未満までを言います。問題文の乳児期前半は、表現があいまいですが、生後6ヶ月以内と考える事ができます。

    新生児に特徴的とされているのが、Gパターン姿勢で、胎内にいる時のような丸まった姿勢です。
    その後は、股関節の動きに関する低筋緊張が特徴的とされています。

    緊張1,3,4,5については、股間周囲を含めて全身的に筋緊張が高まっている姿勢であり、低筋緊張を考慮すると、2が正解となります。

    なお、池田(1978)の報告によると、ダウン症児の運動発達マイルストーンの平均獲得月齢は、

    • 首のすわり 6.6ヶ月
    • ねがえり 8.9ヶ月
    • おすわり 11.3ヶ月
    • はう 15.3ヶ月
    • 支えなしで立つ 18.8ヶ月
    • 歩く 25.8ヶ月

    とされています。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午前】

Q38 超音波治療が可能なのはどれか。
  1. 金属プレートによる骨折固定部位
  2. 血友病性関節症
  3. 小児の大腿骨下端部
  4. 深部静脈血栓症
  5. 転移性骨腫瘍部位

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q87 家族性が孤発性よりも多いのはどれか。
  1. Parkinson病
  2. 多系統萎縮症
  3. Huntington病
  4. Lewy小体型認知症
  5. 筋萎縮性側索硬化症

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q21 医療機関における患者の個人情報の取扱いで誤っているのはどれか。
  1. 本人に開示する。
  2. 漏えい防止対策を行う。
  3. 正確かつ最新の内容に保つ。
  4. 利用目的をできる限り特定する。
  5. 医療機関の判断で利用目的を変更できる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q54 舌下神経について正しいのはどれか。
  1. 舌筋を支配する。
  2. 両側支配である。
  3. 神経核は橋にある。
  4. 脳の背側から出る。
  5. 味覚の求心路である。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q43 心不全のない急性心筋梗塞患者の退院後運動指導として適切なのはどれか。
  1. 1日10分程度のジョギング
  2. 等尺性収縮による筋力増強
  3. 心拍数を増加させない運動
  4. Borg指数16レベルの運動
  5. 週3日以上の有酸素運動

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q43 心不全のない急性心筋梗塞患者の退院後運動指導として適切なのはどれか。
  1. 1日10分程度のジョギング
  2. 等尺性収縮による筋力増強
  3. 心拍数を増加させない運動
  4. Borg指数16レベルの運動
  5. 週3日以上の有酸素運動

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.