スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q15 60歳の男性。右利き。歩行困難のため搬送された。発症7日目の頭部MRIと頭部MRAを別に示す。この患者に生じやすい症状はどれか。

  1. 観念失行
  2. 左右失認
  3. 純粋失読
  4. 病態失認
  5. 観念運動失行

※ 下にスクロールしても、
「15 60歳の男性。右利き。歩行困難のため搬送された。発症7日目の頭部MRIと頭部MRAを別に示す。この患者に生じやすい症状はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q15 60歳の男…」の解答

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q15 60歳の男性。右利き。歩行困難のため搬送された。発症7日目の頭部MRIと頭部MRAを別に示す。この患者に生じやすい症状はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q15 60歳の男性。右利き。歩……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q15 60歳の男…」の解説

国試問題「第54回理学療法士国試【午前】問15 60歳の男性。右利き。歩行困難のため搬送された。発症7日目の頭部MRIと頭部MRAを別に示す。この患者に生じやすい症状はどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q69 代謝で誤っているのはどれか。
  1. 呼吸商(RQ)は摂取する栄養素によって異なる。
  2. 特異動的作用(SDA)とは食物摂取後の体温上昇である。
  3. 基礎代謝量(BM)は同性、同年齢ならば体表面積に比例する。
  4. エネルギー代謝率(RMR)は基礎代謝量を基準とした運動強度である。
  5. 代謝当量(MET)は安静臥位時の代謝量を基準とした運動強度である。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q24 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で足部の内がえしを測定する。基本軸と移動軸の組合せで正しいのはどれか。
  1. 下腿軸への垂直線 - 足底面
  2. 下腿軸への垂直線 - 足背面
  3. 腓骨への垂直線 - 足底面
  4. 腓骨への垂直線 - 足背面
  5. 腓骨への垂直線 - 第中足骨

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q39 筋力増強トレーニングの効果で正しいのはどれか。
  1. 自動介助運動では効果は得られない。
  2. 筋肥大が生じるまで効果は得られない。
  3. 最大抵抗を用いれば月1回の運動で効果が得られる。
  4. 等運動性運動ではトレーニングに用いた運動速度付近で大きな効果が得られる。
  5. 最大筋力に対して極めて弱い抵抗運動であっても回数を増やすことで効果が得られる。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q79 ライフステージにおける成人期後期(50〜60歳ころ)の特徴で適切なのはどれか。
  1. 親しい人の死を経験し、自分の死についても受容的になる。
  2. 心理社会的な猶予期間(モラトリアム)といえる時期である。
  3. 仕事や家庭を持つようになり、社会人としての成長をみせる。
  4. 経験の蓄積により判断力は向上を続けるが記憶力は低下を示す。
  5. 社会的役割の減少や身体的不自由など多くの喪失体験がみられる。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.