スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q73 腰椎への負荷が大きい順に並んでいるはどれか。

  1. A > B > C
  2. A > C > B
  3. B > A > C
  4. B > C > A
  5. C > B > A

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「73 腰椎への負荷が大きい順に並んでいるはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q73 腰椎への負…」の解答

3もしくは4


不適切問題

採点上の取扱い
複数の選択肢を正解として採点する。

理 由
複数の正解があるため。

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 4.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。
めでぃまーる.netの関連記事も合わせてチェックすると、この問題と同じ分野についての理解が深まります。1〜2分で読める記事なので合わせてどうぞ!



正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-, ,
ご質問も受け付けています!

「Q73 腰椎への負荷が大きい順に並んでいるはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q73 腰椎への負荷が大きい順に……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q73 腰椎への負…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午前】問73 腰椎への負荷が大きい順に並んでいるはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 椎間板や椎体などの前方支持要素と限定すると、選択肢4の「B>C>A」となると考えられますが、問題文では、「腰椎」となっています。

    「腰椎」だけだと、どこを指しているのかが分かりません。

    例えば、椎間関節などの後方支持要素の場合では姿勢による負荷の加わり方が、前方支持要素とでは異なります。
    脊柱管狭窄症に大きく関与する硬膜外圧についても、体幹の前屈によって低下します。

    また、椎体高位、椎間高位(Th12/L1/L2/L3/L4/L5/S1)によっても変わる可能性があります。

    「立位姿勢よりも、座位姿勢では椎間板内圧が上がり、さらに腰椎前湾を失うような座位姿勢ではさらに椎間板内圧が上がる」としたナッケムソン(NACHEMSON A)の有名な研究では、L3/4椎間板を調査した結果から導かれた結論となっています。

    立っているときにかかる腰部椎間板(L3/4)への椎間板内圧を100%とすると、以下の姿勢により負担は増大します。

    自然な座位姿勢 : 1.4倍
    前かがみの座位姿勢 : 1.85倍
    立ったまま重い物を持ち上げる : 2.2倍
    座ったまま重い物を持ち上げる : 2.75倍

    よって、これらを考慮し、問題を「椎間板」と仮定すると、「B>C>A」ですが、
    問題文では「腰椎」という特定の部位を限定されていないため不適切な問題であると考えられます。

    なお、ナッケムソン(NACHEMSON A)以外の研究者からの報告では、異なる研究結果になっていたり、ナッケムソン(NACHEMSON A)の研究自体がシングルケースによる研究データでありコンセンサスが得られているとは言い難い点でも、不適切な問題と考えられます。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q74 成人の正常立位姿勢で正しいのはどれか。
  1. 腰仙角は約 10度である。
  2. 胸椎と仙椎は前弯を示す。
  3. 矢状面上における重心は仙骨の後方に位置する。
  4. 矢状面における身体の重心線は足関節中心を通る。
  5. 両上前腸骨棘と恥骨結合を含む面は前額面とほぼ一致する。

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q43 慢性腰痛に対する認知行動療法で誤っているのはどれか。
  1. 痛みの有無を頻回に確認する。
  2. 腰痛の不安を解消する映像を見せる。
  3. 腰を反らしても痛まない体験を繰り返させる。
  4. 痛みがあっても行える活動があることを認識させる。
  5. 適切な身体活動は痛みを増悪させないことを説明する。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q69 立位姿勢が安定しているのはどれか。
  1. 支持基底面が狭い。
  2. 重心の位置が高い。
  3. 床と足底の接触面の摩擦抵抗が小さい。
  4. 上半身と下半身の重心線が一致している。
  5. 重心線の位置が支持基底面の中心から離れている。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q62 骨格筋の筋収縮で正しいのはどれか。
  1. 筋小胞体には Na+ を貯蔵している。
  2. 活動電位は筋収縮に遅れて発生する。
  3. Ca2+ が筋小胞体に取り込まれると筋収縮が起こる。
  4. ミオシン頭部の角度が戻るときに ATP の加水分解が起こる。
  5. 神経筋接合部での興奮の伝達は神経と筋との間で双方向性である。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q48 閉塞性動脈硬化症で正しいのはどれか。
  1. 冷感はない。
  2. 安静時痛はない。
  3. しびれ感はない。
  4. 間欠性跛行は体幹前傾で改善する。
  5. 好発部位は大腿動脈から膝窩動脈である。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q7 20歳の男性。頸髄完全損傷。受傷3週後の Daniels らの徒手筋力テストにおける上肢の評価結果を示す。この患者が獲得する可能性の最も高い ADL はどれか。
大胸筋 4 4
三角筋 5 5
上腕二頭筋 5 5
上腕三頭筋 0 1
円回内筋 0 1
長短橈側手根伸筋 4 4
橈側手根屈筋 0 1
広背筋 0 0
  1. 床から車椅子へ移乗する。
  2. 10cmの段差をキャスター上げをして昇る。
  3. ベッド上背臥位からベッド柵を使用せずに寝返る。
  4. ベッド端座位のプッシュアップで20cm殿部を持ち上げる。
  5. 車椅子上、体幹前屈位からアームサポートに手をついて上半身を起こす。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q23 固定負荷にて行う運動負荷試験はどれか。
  1. Bruce法
  2. ランプ負荷法
  3. 6分間歩行テスト
  4. マスターシングルテスト
  5. シャトルウォーキングテスト

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q56 呼吸器で正しいのはどれか。
  1. 鼻前庭は粘膜で覆われている。
  2. 気管は第4胸椎の高さではじまる。
  3. 上気道は鼻腔から咽頭までをいう。
  4. 右主気管支は左主気管支よりも細い。
  5. 気管支の分岐角は右より左が大きい。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q23 固定負荷にて行う運動負荷試験はどれか。
  1. Bruce法
  2. ランプ負荷法
  3. 6分間歩行テスト
  4. マスターシングルテスト
  5. シャトルウォーキングテスト

解答&解説



-, ,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.