スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。

  1. 協調運動
  2. 減量療法
  3. 有酸素運動
  4. 筋力増強運動
  5. ホットパック

※ 下にスクロールしても、
「42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q42 変形性膝関…」の解答

5

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q42 変形性膝関節症の理学療法……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q42 変形性膝関…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午前】問42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。」について、2件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ホットパック(hot pack)は、「推奨グレードC1」「エビデンスレベル 2」です。

    推奨グレードが低いものとしては、以下の通りです。
    ・ジアテルミー療法群:推奨グレードD エビデンスレベル 2
    ・非侵襲的神経電気刺激療法:推奨グレードD エビデンスレベル 2
    ・骨膜刺激療法:推奨グレードD エビデンスレベル 2

    膝OAの治療では、グレードの高い介入として、患者教育、減量、運動療法の3つがあげられます。

    リハビリテーションなどの保存療法以外では、手術療法として、
    人工股関節置換術【詳細ページ】
    高位脛骨骨切り術【詳細ページ】
    人工膝関節単顆置換術【詳細ページ】
    などがあります。

  2. 今後、変形性膝関節症のさらに期待される領域としては、再生医療の適応です。

    自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた変形性膝関節の治療(再生医療)【詳細ページ】
    PRP(多血小板血漿)療法【詳細ページ】
    などがあります。

    しかし、再生医療では、膝に負担のかかったメカニカルな原因(歩容、姿勢、機能障害など)や生活因子などへのアプローチはできないため、再生医療とリハビリテーションを組み合わせた介入が普及すると考えられます。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回理学療法士国試【午後】

Q30 膝関節内反変形のある変形性膝関節症患者にみられる歩行の特徴はどれか。2つ選べ。
  1. 立脚相:外側スラスト
  2. 立脚相:立脚側への体幹傾斜
  3. 立脚相:立脚肢の反張膝
  4. 遊脚相:分回し
  5. 遊脚相:遊脚側の骨盤下制

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.