スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。

  1. 協調運動
  2. 減量療法
  3. 有酸素運動
  4. 筋力増強運動
  5. ホットパック

※ 下にスクロールしても、
「42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q42 変形性膝関…」の解答

5

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q42 変形性膝関節症の理学療法……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q42 変形性膝関…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午前】問42 変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。」について、2件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ホットパック(hot pack)は、「推奨グレードC1」「エビデンスレベル 2」です。

    推奨グレードが低いものとしては、以下の通りです。
    ・ジアテルミー療法群:推奨グレードD エビデンスレベル 2
    ・非侵襲的神経電気刺激療法:推奨グレードD エビデンスレベル 2
    ・骨膜刺激療法:推奨グレードD エビデンスレベル 2

    膝OAの治療では、グレードの高い介入として、患者教育、減量、運動療法の3つがあげられます。

    リハビリテーションなどの保存療法以外では、手術療法として、
    人工股関節置換術【詳細ページ】
    高位脛骨骨切り術【詳細ページ】
    人工膝関節単顆置換術【詳細ページ】
    などがあります。

  2. 今後、変形性膝関節症のさらに期待される領域としては、再生医療の適応です。

    自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた変形性膝関節の治療(再生医療)【詳細ページ】
    PRP(多血小板血漿)療法【詳細ページ】
    などがあります。

    しかし、再生医療では、膝に負担のかかったメカニカルな原因(歩容、姿勢、機能障害など)や生活因子などへのアプローチはできないため、再生医療とリハビリテーションを組み合わせた介入が普及すると考えられます。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q86 変形性膝関節症について正しいのはどれか。
  1. 男性に多い。
  2. 膝関節液は混濁している。
  3. 内側楔状足底板が有用な場合が多い。
  4. 初期の疼痛は動作開始時に出現しやすい。
  5. エックス線像では外側関節裂隙が狭小化している場合が多い。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q100 親しい人間関係を構築できず、奇異な考え方や風変わりな行動が継続してみられ、パーソナリティ障害を指摘された。最も考えられるのはどれか。
  1. 演技性パーソナリティ障害
  2. 依存性パーソナリティ障害
  3. 統合失調型パーソナリティ障害
  4. 猜疑性<妄想性>パーソナリティ障害
  5. シゾイド<統合失調質>パーソナリティ障害

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q57 リンパ系について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 脾臓はリンパ液をろ過する。
  2. 胸管は右鎖骨下静脈に流入する。
  3. 腸管由来のリンパ液を乳糜という。
  4. リンパ管には弁機構が存在しない。
  5. 右下肢のリンパ液は胸管に流入する。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q13 図に示す両側支柱付長下肢装具について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 外側支柱の高さは大転子から6cm下にする。
  2. 膝継手はオフセット式である。
  3. 下腿半月の位置は膝関節裂隙から2cm下にする。
  4. 足継手はダブルクレンザックである。
  5. 短下肢装具へと変更可能である。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q49 介護予防における二次予防事業について正しいのはどれか。
  1. 介護予防に関するボランティアを養成する。
  2. 基本チェックリストによって対象者を決定する。
  3. 要支援認定者を対象に運動機能向上教室を開催する。
  4. 居宅を訪問し要介護度改善のための理学療法を行う。
  5. 介護予防に関するパンフレットによる啓発活動を行う。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q32 関節リウマチの脊椎病変で最も多いのはどれか。
  1. 黄色靭帯骨化
  2. 環軸椎亜脱白
  3. 後縦靭帯骨化
  4. 脊柱側弯
  5. 腰椎椎間板ヘルニア

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.