スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q52 運動軸が2つの関節はどれか。

  1. 手指PIP関節
  2. 橈骨手根関節
  3. 腕尺関節
  4. 上橈尺関節
  5. 肩甲上腕関節

※ 下にスクロールしても、
「52 運動軸が2つの関節はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q52 運動軸が2…」の解答

2

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q52 運動軸が2つの関節はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q52 運動軸が2つの関節はどれ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q52 運動軸が2…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問52 運動軸が2つの関節はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 運動軸が2つというのは、二軸性関節の事で、運動自由度2を意味します。

    骨が特定の1軸のみを中心として動く一軸性関節(自由度1)
    交差する2軸を中心として動く二軸性関節(自由度2)
    運動軸が3軸以上ある多軸性関節(自由度3)

    例えば、肘関節は、屈曲と伸展の一方向性なので一軸性関節となります。
    もし、肘関節が内外転できる場合、これは、交差する2軸を中心として動くので二軸性関節となります。
    多軸性関節はさらに、可能な運動方向が増えます。
    肩関節や股関節などが、該当します。

    問題で問われている、二軸性(運動自由度2)の関節には、顆状関節、楕円関節、鞍関節があげられます。

    顆状関節:橈骨手根関節(楕円関節)、膝関節・顎関節(顆状関節)
    鞍関節:母指のCM関節、胸鎖関節

    ここでは、楕円関節である橈骨手根関節が正解となります。
    ちなみに、顆状関節と楕円関節の違いは明確に定義づけされているわけではありません。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q72 膝関節の運動で正しいのはどれか。
  1. 側副靱帯は屈曲時に緊張する。
  2. 関節包の後面は前面に比べて伸縮性が高い。
  3. 半月板の内外縁とも遊離して可動性に関与する。
  4. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は、屈曲最終域までみられる。
  5. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は外側顆部の方が内側顆部より大きい。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q37 慢性閉塞性肺疾患の患者に対する指導として正しいのはどれか。
  1. 低脂肪食がいい。
  2. 下肢の運動を行う。
  3. 洗髪動作は両手で行う。
  4. 発症後は禁煙の必要は無い。
  5. インフルエンザワクチンは勧めない。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q17 45歳の女性。右変形性股関節症。先天性股関節脱白の既往がある。
  1. 階段は右足から昇段する。
  2. 階段は左足から降段する。
  3. できるだけ低い椅子に座る。
  4. T字杖を使用する場合は左手に持つ。
  5. 左足よりも右足を手前に引いて椅子から立ち上がる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q98 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の依存について正しいのはどれか。
  1. 中高年者にはみられない。
  2. 身体依存は形成されない。
  3. 離脱症状としてせん妄がある。
  4. 常用量であれば依存は形成されない。
  5. 作用時間の長い薬剤の方が依存を形成しやすい。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q35 多発性硬化症に対する作業療法で正しいのはどれか。
  1. MS fatigueに対して、Borg指数15に運動強度設定する。
  2. Uhthoff徴候に対して、室温を25度以下に設定して運動を行う。
  3. 筋力低下に対して、漸増抵抗運動を行う。
  4. 視力障害を伴う協調性運動障害に対して、Frenkel体操を行う
  5. 有痛性強直性けいれんに対して、他動的関節可動域訓練を行う。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q69 等張性運動について正しいのはどれか。
  1. 角速度は一定である。
  2. 等尺性運動に比べ血圧が上昇しやすい。
  3. 等尺性運動に比べ収縮時の筋血流が増加しやすい。
  4. 等尺性運動に比べ心拍数が増加しやすい。
  5. 負荷に抗して姿勢を維持するときに起こる。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.