スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q52 運動軸が2つの関節はどれか。

  1. 手指PIP関節
  2. 橈骨手根関節
  3. 腕尺関節
  4. 上橈尺関節
  5. 肩甲上腕関節

※ 下にスクロールしても、
「52 運動軸が2つの関節はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q52 運動軸が2…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q52 運動軸が2つの関節はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q52 運動軸が2つの関節はどれ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q52 運動軸が2…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問52 運動軸が2つの関節はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 運動軸が2つというのは、二軸性関節の事で、運動自由度2を意味します。

    骨が特定の1軸のみを中心として動く一軸性関節(自由度1)
    交差する2軸を中心として動く二軸性関節(自由度2)
    運動軸が3軸以上ある多軸性関節(自由度3)

    例えば、肘関節は、屈曲と伸展の一方向性なので一軸性関節となります。
    もし、肘関節が内外転できる場合、これは、交差する2軸を中心として動くので二軸性関節となります。
    多軸性関節はさらに、可能な運動方向が増えます。
    肩関節や股関節などが、該当します。

    問題で問われている、二軸性(運動自由度2)の関節には、顆状関節、楕円関節、鞍関節があげられます。

    顆状関節:橈骨手根関節(楕円関節)、膝関節・顎関節(顆状関節)
    鞍関節:母指のCM関節、胸鎖関節

    ここでは、楕円関節である橈骨手根関節が正解となります。
    ちなみに、顆状関節と楕円関節の違いは明確に定義づけされているわけではありません。

    1
    1
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q51 股関節で正しいのはどれか。
  1. 顆状関節である。
  2. 大腿骨頸部は関節包外にある。
  3. 寛骨臼は前外側を向いている。
  4. 寛骨臼は腸骨のみで構成される。
  5. 腸骨大腿靭帯が関節包後面から補強している。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q23 端座位で膝関節を完全伸展位から屈曲した際に生じるのはどれか。
  1. 前十字靭帯は弛緩する。
  2. 内側側副靭帯は緊張する。
  3. 屈曲初期に脛骨は外旋する。
  4. 内側半月板よりも外側半月板の方が大きく移動する。
  5. 屈曲初期にすべり運動が生じ、続いて転がり運動が加わる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q35 多発性硬化症に対する作業療法で正しいのはどれか。
  1. MS fatigueに対して、Borg指数15に運動強度設定する。
  2. Uhthoff徴候に対して、室温を25度以下に設定して運動を行う。
  3. 筋力低下に対して、漸増抵抗運動を行う。
  4. 視力障害を伴う協調性運動障害に対して、Frenkel体操を行う
  5. 有痛性強直性けいれんに対して、他動的関節可動域訓練を行う。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q46 重症筋無力症のクリーゼについて誤っているのはどれか。
  1. 嚥下障害を認める。
  2. 咳嗽機能が低下する。
  3. 閉塞性換気障害をきたす。
  4. 発症率は20%以上である。
  5. ステロイドの急激な減量が原因となる。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.