スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q53 外側腋窩隙を構成する筋はどれか。

  1. 棘上筋
  2. 棘下筋
  3. 広背筋
  4. 大円筋
  5. 肩甲下筋

※ 下にスクロールしても、
「53 外側腋窩隙を構成する筋はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q53 外側腋窩隙…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (3 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q53 外側腋窩隙を構成する筋はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q53 外側腋窩隙を構成する筋は……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q53 外側腋窩隙…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問53 外側腋窩隙を構成する筋はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 小円筋、大円筋、上腕三頭筋長頭、上腕骨で囲まれた四角形の隙き間を外側腋窩隙や四辺形間隙(Quadrilateral space)と呼びます。

    この、外側腋窩隙(四辺形間隙)を後上腕回旋動脈と腋窩神経が通ります。

    臨床的には、腋窩神経が外側腋窩隙で絞扼される事により腕の後外側部分に痛みが出る事があります。

    四辺形間隙症候群(外側腋窩隙症候群)の症状、原因(病態)、診断について【詳細ページ】

          「Q53 外側腋窩隙を構成する筋は……」を理解するのにおすすめのYouTube動画がこちら▼

YouTube動画

「Q53 外側腋窩隙を構成する筋はどれか。」の動画解説


※ めでぃまーるが運営するYouTubeチャンネル(スタディメディマール)の動画ではありません。「Q53 外側腋窩隙を構成する筋は……」を理解する際におすすめの動画として紹介させて頂いています。

関連問題の解説コメントも合わせてチェックすると、より理解が深まります。
また、「もっと詳しく解説してほしい」という希望があれば、質問フォームからご連絡をお願いします!
ゆいちゃん

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午前】

Q25 パルスオキシメーターで計測する酸素飽和度について正しいのはどれか。
  1. 健常成人では85%〜90%の値となる。
  2. 赤色光と赤外光を用いて測定する。
  3. 血行障害があっても正確である。
  4. 動脈血酸素分圧に比例する。
  5. 歩行中は計測できない。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q66 排尿機構について正しいのはどれか。
  1. 排尿時には内尿道括約筋が収縮する。
  2. 膀胱に尿が溜まり始めるとすぐに尿意を感じる。
  3. 尿道を尿が通る知覚は排尿筋の収縮を抑制する。
  4. 膀胱括約筋はノルアドレナリンの作用で収縮する。
  5. 排尿を我慢するときには大脳皮質から抑制がかかる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q92 腎不全における透析療法について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 透析対象者数は年々増加傾向にある。
  2. 血液透析よりも腹膜透析の割合が多い。
  3. 昼間透析よりも夜間透析の割合が多い。
  4. 透析導入の原因疾患は糖尿病性腎症が最も多い。
  5. 透析対象者の死亡原因として肝不全が最も多い。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q36 第6頸椎髄節まで機能残存している頸髄損傷患者に対する作業療法として適切でないのはどれか。
  1. 上衣着脱は被りタイプから練習する。
  2. コンピュータの入力デバイスを検討する。
  3. 排便は臥位で行えるように環境を整える。
  4. 自己導尿ができるようにカテーテル操作を練習する。
  5. 車椅子で起立性低血圧が起こった時は前屈位する。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q14 最大酸素摂取量(ml/分)として正しいのはどれか。

前提文

19歳の男性。基礎疾患はない。

自転車エルゴメーターを用いた運動強度を次第に上昇させて運動終点まで運動負荷試験を行ったときの酸素摂取量の測定結果を図に示す。

  1. 1,000
  2. 1,500
  3. 2,500
  4. 3,500
  5. 4,000

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.