スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q34 動脈血ガス分析結果がpH7.32、PaCO₂33Torr、PaO₂88Torr、HCO₃−17mEq/Lである場合に予想される呼吸様式はどれか。

  1. 徐呼吸
  2. 頻呼吸
  3. 無呼吸
  4. Kussmaul呼吸
  5. Cheyne-Stokes呼吸

※ 下にスクロールしても、
「34 動脈血ガス分析結果がpH7.32、PaCO₂33Torr、PaO₂88Torr、HCO₃−17mEq/Lである場合に予想される呼吸様式はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q34 動脈血ガス…」の解答

4

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q34 動脈血ガス分析結果がpH7.32、PaCO₂33Torr、PaO₂88Torr、HCO₃−17mEq/Lである場合に予想される呼吸様式はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q34 動脈血ガス分析結果がpH……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q34 動脈血ガス…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午後】問34 動脈血ガス分析結果がpH7.32、PaCO₂33Torr、PaO₂88Torr、HCO₃−17mEq/Lである場合に予想される呼吸様式はどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q77 肺気量で正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 1秒率 = 1秒量 / %肺活量
  2. 機能的残気量 = 予備吸気量 + 残気量
  3. 最大吸気量 = 1回換気量 + 予備吸気量
  4. 残気量 = 全肺気量 - 肺活量
  5. 肺活量 = 予備吸気量 + 予備呼気量

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q58 呼吸器の解剖について正しいのはどれか。
  1. 細気管支には軟骨がある。
  2. 胸膜腔は吸気時に拡大する。
  3. 肺の栄養血管は肺動脈である。
  4. 肺尖は鎖骨と同じ高さに位置する。
  5. 右主気管支は左主気管支よりも短い。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q41 IADLに含まれるのはどれか。2つ選べ。
  1. 階段の昇降をする。
  2. 髪を洗う。
  3. 掃除をする。
  4. 電話をかける。
  5. 髭を刺る。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q74 運動学習について正しいのはどれか。
  1. 動機がけが高いほどパフォーマンスが向上する。
  2. 覚醒レベルが高いほどパフォーマンスが向上する。
  3. 学習によるパフォーマンスの向上は直線的に起こる。
  4. 2種類の運動課題間に類似性があるほど転移の影響は大きくなる。
  5. パフォーマンスの向上がみられなくなることは運動学習の停止を意味する。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q55 視神経から視覚野に至る視覚伝導路の順で正しいのはどれか。
  1. 視索→視交叉→視放線→外側膝状体
  2. 視索→視放線→外側膝状体→視交叉
  3. 視交叉→視索→外側膝状体→視放線
  4. 視放線 →視交叉→視索→外側膝状体
  5. 視交叉→外側膝状体→視索→視放線

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q23 端座位で膝関節を完全伸展位から屈曲した際に生じるのはどれか。
  1. 前十字靭帯は弛緩する。
  2. 内側側副靭帯は緊張する。
  3. 屈曲初期に脛骨は外旋する。
  4. 内側半月板よりも外側半月板の方が大きく移動する。
  5. 屈曲初期にすべり運動が生じ、続いて転がり運動が加わる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q68 心電図の波形で正しいのはどれか。
  1. P波はHis束の興奮を意味する。
  2. PR間隔は房室伝導時間である。
  3. QRS波はPurkinje線維の興奮を意味する。
  4. ST間隔は心室内興奮到達時間である。
  5. T波は心室の脱分極を意味する。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q40 脳卒中後の左片麻痺の患者が車椅子からベッドへの移乗動作を行う際の介助方法として適切なのはどれか。
  1. 装具は外して行う。
  2. 車椅子の後方から介助する。
  3. 車椅子上で殿部を前方に移動させておく。
  4. ベッドに対して車椅子を平行に設置する。
  5. ベッドの高さは車椅子の座面よりも高くしておく。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.