スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「運動耐容能」 の一覧

このページは、「運動耐容能」に関連する国試問題だけが表示されます。

「運動耐容能」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

運動耐容能のタグが付いた問題

第55回理学療法士国試【午前】

8 この患者の運動療法を中止すべき状態として最も適切なのはどれか。

前提文

75歳の男性。伸長170cm、体重48kg、BMI16.6。約10年前から呼吸困難が出現し自宅近くの医院で加療していた。

徐々に呼吸困難が増悪してきており、50m程度の連続歩行で呼吸困難感のため休息が必要である。

動脈血ガス分析PaO₂65Torr、PaCO₂48Torr、肺機能検査%VC81%、FEV₁%31%であった。患者の胸部エックス線写真を示す。

  1. SpO₂82%
  2. 呼吸数22/分
  3. 心拍数105/分
  4. 修正Borg指数5
  5. 収縮期血圧が安静時より20mmHg上昇

解答を今すぐ確認

1

第55回理学療法士国試【午前】

36 6分間歩行テストで正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 自覚症状の変化を記録する。
  2. 被検者の斜め前方に並んで歩く。
  3. 6分間の総歩行距離で評価する。
  4. 被検者に残りの時間を伝えることはできない。
  5. 被検者が途中で立ち止まった場合にはテストを中止する。

解答を今すぐ確認

1と3

第55回理学療法士国試【午前】

42 慢性心不全患者に対する運動療法の効果で正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. BNPの増加
  2. QOLの改善
  3. 運動耐容能の向上
  4. 左室駆出率の低下
  5. 交感神経活性の亢進

解答を今すぐ確認

2と3

第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

73 肺機能検査とその説明の組合せで正しいのはどれか。

  1. 1秒量 - 安静呼気の呼出開始から1秒間に呼出した肺気量
  2. 残気量 - 安静呼気位に肺内に残存した肺気量
  3. 肺活量 - 最大吸気位からゆっくりと最大呼気位まで呼出した肺気量
  4. 拘束性換気障害 - %肺活量90%未満
  5. 閉塞性換気障害 - 1秒率80%未満

解答を今すぐ確認

3

第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

90 集中治療室での急性期リハビリテーションに関して正しいのはどれか。

  1. 安全面から歩行練習は行わない。
  2. squeezingでは呼気時に肺を圧迫する。
  3. 頭部挙上位は全身状態が安定してから開始する。
  4. 総腓骨神経麻痺の発生予防には踵部の除圧が重要である。
  5. 体位排痰法では痰の貯留部位を下にした姿勢を保持する。

解答を今すぐ確認

2

第54回理学療法士国試【午後】

23 継続的な持久力運動で低下するのはどれか。

  1. 中性脂肪
  2. 筋内毛細血管数
  3. 最大酸素摂取量
  4. インスリン感受性
  5. 筋内ミトコンドリア量

解答を今すぐ確認

1

第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

75 運動時の生体反応で正しいのはどれか。

  1. 冠血流は低下する。
  2. 腎血流は増加する。
  3. グリコーゲン分解が促進される。
  4. 尿へのナトリウム排泄は促進される。
  5. 酸素含有量の動静脈較差は減少する。

解答を今すぐ確認

3

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.