スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q23 継続的な持久力運動で低下するのはどれか。

  1. 中性脂肪
  2. 筋内毛細血管数
  3. 最大酸素摂取量
  4. インスリン感受性
  5. 筋内ミトコンドリア量

※ 下にスクロールしても、
「23 継続的な持久力運動で低下するのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q23 継続的な持…」の解答

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-,
ご質問も受け付けています!

「Q23 継続的な持久力運動で低下するのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q23 継続的な持久力運動で低下……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q23 継続的な持…」の解説

国試問題「第54回理学療法士国試【午後】問23 継続的な持久力運動で低下するのはどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第55回理学療法士国試【午前】

Q25 健常成人の血圧に関して正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 背臥位では立位に比べて脈圧が小さい。
  2. 足関節上腕血圧比の基準値は1.5~2.0である。
  3. 上腕部では足部と比べて収縮期血圧が低くなる。
  4. 座位での測定はマンシェットを心臓の高さに合わせる。
  5. Korotkoff音が聞こえなくなった時点での圧を収縮期血圧とする。

解答&解説



第55回理学療法士国試【午前】

Q8 この患者の運動療法を中止すべき状態として最も適切なのはどれか。

前提文

75歳の男性。伸長170cm、体重48kg、BMI16.6。約10年前から呼吸困難が出現し自宅近くの医院で加療していた。

徐々に呼吸困難が増悪してきており、50m程度の連続歩行で呼吸困難感のため休息が必要である。

動脈血ガス分析PaO₂65Torr、PaCO₂48Torr、肺機能検査%VC81%、FEV₁%31%であった。患者の胸部エックス線写真を示す。

  1. SpO₂82%
  2. 呼吸数22/分
  3. 心拍数105/分
  4. 修正Borg指数5
  5. 収縮期血圧が安静時より20mmHg上昇

解答&解説



第55回作業療法士国試【午前】 第55回理学療法士国試【午前】

Q90 集中治療室での急性期リハビリテーションに関して正しいのはどれか。
  1. 安全面から歩行練習は行わない。
  2. squeezingでは呼気時に肺を圧迫する。
  3. 頭部挙上位は全身状態が安定してから開始する。
  4. 総腓骨神経麻痺の発生予防には踵部の除圧が重要である。
  5. 体位排痰法では痰の貯留部位を下にした姿勢を保持する。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q25 身体計測で正しいのはどれか。
  1. 体重の測定は午後6時ころが望ましい。
  2. 身長は両足前方を開角せずに測定する。
  3. 胸囲は安静呼吸の呼気の終わりに測定する。
  4. 棘果長は上前腸骨棘から外果までの長さを測定する。
  5. 手長は尺骨茎状突起から第指先端までの長さを測定する。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q9 ある薬物を投与する前後の運動開始前・中・後の血圧の変化を示す。この薬物の作用はどれか。

  1. 副交感神経刺激
  2. 交感神経 α 受容体刺激
  3. 交感神経 α 受容体抑制
  4. 交感神経 β 受容体刺激
  5. 交感神経 β 受容体抑制

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q47 糖尿病の運動療法で正しいのはどれか。
  1. 食後すぐに開始する。
  2. 運動強度は Borg 指数17前後で行う。
  3. インスリン治療中の患者は禁忌である。
  4. 尿中ケトン体陽性の場合は有酸素運動を行う。
  5. 増殖性網膜症がある場合、強い等尺性収縮は推奨されない。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q27 NRS(numerical rating scale)で正しいのはどれか。
  1. 順序尺度である。
  2. 10 段階で評価する。
  3. 疼痛の性質を評価する。
  4. 患者間の比較に有効である。
  5. 幼児の痛評価に使用される。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午後】

Q12 この患者において機能していると推測される筋はどれか。

頸髄損傷者の起き上がり動作を図に示す。

  1. 円回内筋
  2. 深指屈筋
  3. 上腕三頭筋
  4. 長母指伸筋
  5. 尺側手根伸筋

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q91 重症筋無力症で正しいのはどれか。
  1. 胸腺の異常を伴うことが多い。
  2. Parkinson 病より患者数が多い。
  3. テンシロン試験で症状が悪化する。
  4. 血清クレアチンキナーゼが上昇する。
  5. 誘発筋電図の反復刺激試験で振幅の漸増を認める。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q99 うつ病のリワークプログラムで正しいのはどれか。
  1. 集団療法として位置づけられる。
  2. 精神科医療機関では実施されない。
  3. 診断や就労状況などで対象者は限定されない。
  4. 実施にあたり主治医との情報共有は制限される。
  5. 急性期からプログラムに参加することが推奨される。

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.