スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q8 14歳の女子。第5胸椎を頂椎とする側弯症。Cobb角は18度である。体幹前屈時の様子を図に示す。正しいのはどれか。

  1. 右凸の側弯である。
  2. 手術療法の適応である。
  3. 側弯体操で矯正可能である。
  4. Boston型装具の適応である。
  5. 第5胸椎の棘突起は凸側へ回旋している。

※ 下にスクロールしても、
「8 14歳の女子。第5胸椎を頂椎とする側弯症。Cobb角は18度である。体幹前屈時の様子を図に示す。正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q8 14歳の女子…」の解答

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q8 14歳の女子。第5胸椎を頂椎とする側弯症。Cobb角は18度である。体幹前屈時の様子を図に示す。正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q8 14歳の女子。第5胸椎を頂……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q8 14歳の女子…」の解説

国試問題「第52回理学療法士国試【午後】問8 14歳の女子。第5胸椎を頂椎とする側弯症。Cobb角は18度である。体幹前屈時の様子を図に示す。正しいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. イラストの様子は、側弯症の検診時に行われる前屈テストです。
    前屈姿勢で、背部に肋骨隆起はないかを確認し、1〜1.5cm以上の左右差があると陽性です。
    一般的には、凸側の肋骨が隆起します。よって、正解は選択肢1「右凸の側弯である。」となります。

    側弯症は、脊椎の正面像でコブ角10度以上となる病態で、装具治療の対象となるのが、20〜30度以上の側弯症(0.3~0.5%)です。
    手術療法が必要になってくるのが、40度以上の側弯症とされ0.1%以下とされています。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午後】

Q33 脳卒中発症後2週間以内に生じにくい合併症はどれか。
  1. 意識障害
  2. 消化管出血
  3. 肩手症候群
  4. 摂食嚥下障害
  5. 深部静脈血栓症

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q100 疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。
  1. 身体化障害-系統的脱感作法
  2. 強迫性障害-曝露反応妨害法
  3. PTSD(外傷後ストレス障害)-フラッディング
  4. 心気障害-持続エクスポージャー法
  5. 解離性健忘-バイオフィードバック法

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q21 医療機関における患者の個人情報の取扱いで誤っているのはどれか。
  1. 本人に開示する。
  2. 漏えい防止対策を行う。
  3. 正確かつ最新の内容に保つ。
  4. 利用目的をできる限り特定する。
  5. 医療機関の判断で利用目的を変更できる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q91 10か月の正常児でみられるのはどれか。
  1. Moro反射
  2. 手の把握反応
  3. 緊張性迷路反射
  4. パラシュート反応
  5. 非対称性緊張性頸反射

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q34 筋萎縮性側索硬化症で生じにくい症状はどれか。
  1. 舌萎縮
  2. 構音障害
  3. 上下肢麻痺
  4. 眼球運動障害
  5. 摂食嚥下障害

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.