スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q70 肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか。

  1. 大胸筋
  2. 広背筋
  3. 前鋸筋
  4. 鎖骨下筋
  5. 肩甲挙筋

※ 下にスクロールしても、
「70 肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q70 肩甲骨を胸…」の解答

3

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q70 肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q70 肩甲骨を胸郭に押し付ける……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q70 肩甲骨を胸…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午前】問70 肩甲骨を胸郭に押し付ける作用のある筋はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 前鋸筋の作用は、肩甲骨の外転、上方回旋ですが、他の肩甲骨に付着する筋肉にはない特異的な役割は、「肩甲骨を胸郭に押し付ける役割」です。

    これは、【起始】第1~8肋骨、第1・2肋間に走る腱弓から、【停止】肩甲骨の内側縁、上角、下角に走行しているため、肩甲骨を胸郭に引き寄せる(押し付ける)働きをするためです。

    (解説文に間違いがあったため修正しています。間違った情報をお伝えしてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。失礼しました。)

    2
    6
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q76 神経原性ショックの特徴はどれか。
  1. 交感神経の緊張
  2. 徐脈
  3. 心拍出量の増加
  4. 中心静脈圧の上昇
  5. 皮膚温の低下

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q26 トータルペインのうちスピリチュアルペインはどれか。
  1. 体の倦怠感
  2. 薬の副作用
  3. 家庭内の問題
  4. 生きる価値の喪失
  5. 日常生活活動の困難さ

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q97 アルコール離脱せん妄で正しいのはどれか。
  1. 生命への危険性は低い。
  2. 羽ばたき振戦がみられる。
  3. 抗酒薬を速やかに投与する。
  4. 飲酒停止後 72〜96 時間に多くみられる。
  5. アルコール血中濃度の上昇に伴って生じる。

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q21 治療についてのインフォームドコンセントで適切なのはどれか。
  1. 治療者は専門用語で説明する。
  2. 患者の同意内容は文書で保存する。
  3. 治療者は患者の要求があってから説明する。
  4. 判断能力に関わらず患者の決定が優先される。
  5. 患者は正当な理由がなければ同意を撤回できない。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q81 ある患者の心理検査の一部を示す。この検査法はどれか。
子供の頃,私は 空想の世界に浸っていました。
私はよく人から よく自分勝手だと言われていました。
家の暮し は窮屈に感じるので、早く独り暮らしをしたいです。
私の失敗 が多いので、できるだけ思い出したくありません。
  1. HTP(House-tree-person test)
  2. SCT
  3. MMPI
  4. P-F スタディ
  5. ASQ(Autism Screening Questionnaire)

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q49 廃用症候群で正しいのはどれか。
  1. 加齢による影響は少ない。
  2. 二次性サルコペニアを認める。
  3. 筋萎縮は上肢に強くみられる。
  4. 進行しても摂食嚥下機能は保たれる。
  5. 高齢者では高アルブミン血症を認める。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.