スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q60 末梢神経と体表からの触知部位との組合せで正しいのはどれか。

  1. 腕神経叢 - 胸鎖乳突筋の胸骨頭と鎖骨頭の間
  2. 正中神経 - 上腕近位部で烏口腕筋の外側
  3. 尺骨神経 - 肘頭と上腕骨内側上顆の間
  4. 脛骨神経 - 外果とアキレス腱の間
  5. 総腓骨神経 - 膝窩部で半腱様筋腱の内側

※ 下にスクロールしても、
「60 末梢神経と体表からの触知部位との組合せで正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q60 末梢神経と…」の解答

3

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (2 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 3.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-,
ご質問も受け付けています!

「Q60 末梢神経と体表からの触知部位との組合せで正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q60 末梢神経と体表からの触知……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q60 末梢神経と…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午前】問60 末梢神経と体表からの触知部位との組合せで正しいのはどれか。」について、2件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ●脛骨神経と総腓骨神経の触診部位について

    脛骨神経の触診部位は、膝関節後方中央部の膝窩動静脈の外側を走行している箇所です。
    もう一つの触診部位は、内果から水平に後方移動した位置(内果とアキレス腱の間)で、足背屈・回外位で触診しやすくなります。

    総腓骨神経は、膝の後外側部で、大腿二頭筋腱の内側(後方)で触診する事ができます。

    2
    3
  2. ●腕神経叢および、正中・尺骨・橈骨神経の触診部位について

    腕神経叢では、後神経束を頚部の外側基部で触診する事ができます。肩甲帯を下制した肢位でより触知しやすくなります。

    正中神経は、腋窩下方と、上腕二頭筋腱の外側で触れる事ができます。
    尺骨神経を腋窩下方と、肘頭と上腕骨内側上顆の間(尺骨神経溝)で触れる事ができます。
    橈骨神経は腕橈関節部で触診可能です。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午前】

Q8 図のような腕神経叢損傷で障害される動きはどれか。

  1. 肩甲帯の挙上
  2. 肘関節の屈曲
  3. 手関節の背屈
  4. 肩関節の外転
  5. 肩関節の水平伸展

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q97 アルコール離脱せん妄で正しいのはどれか。
  1. 生命への危険性は低い。
  2. 羽ばたき振戦がみられる。
  3. 抗酒薬を速やかに投与する。
  4. 飲酒停止後 72〜96 時間に多くみられる。
  5. アルコール血中濃度の上昇に伴って生じる。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】

Q32 車椅子で自走する場合の住環境整備の留意点で適切なのはどれか。
  1. スイッチは床面から10cmの高さに設置する。
  2. 自走用6輪型車椅子は段差の通行が容易である。
  3. 50cmの段差がある場合スロープの長さを600cm以上にする。
  4. 廊下の直進に必要な幅員は左右アームサポートの外側最大寸法で判断する。
  5. 廊下を直角に曲がるのに必要な通路幅員は直角部分の前後とも70cm以上必要である。

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.