スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q30 作業療法中の低血糖発作で注意すべきなのはどれか。

  1. 深い呼吸
  2. 喉の渇き
  3. 手の震え
  4. 皮膚の乾燥
  5. 筋緊張の亢進

※ 下にスクロールしても、
「30 作業療法中の低血糖発作で注意すべきなのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q30 作業療法中…」の解答

3

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q30 作業療法中の低血糖発作で注意すべきなのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q30 作業療法中の低血糖発作で……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q30 作業療法中…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問30 作業療法中の低血糖発作で注意すべきなのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 血糖値を下げる薬剤を使用している患者さんの場合、血糖値が低くなる副作用(低血糖)が起こる可能性があります。これはリハビリ中にも、注意しておかなければいけません。

    血糖値を下げる薬を使用しているかたは、低血糖についてよく知っておきましょう。

    血糖値が70mg/dL以下になると、交感神経症状が出現します。
    そして、血糖値が50mg/dL未満になると、脳などの中枢神経がエネルギー不足の状態になり、中枢神経症状が出現します。
    これらの交感神経や中枢神経症状を低血糖症状と呼びます。

    交感神経症状には、
    「多汗」「汗を多くかく」
    「頻脈(脈が早くなる)」
    「手や指の震え」
    「顔面蒼白」

    中枢神経症状には、
    「頭痛」
    「目のかすみ」
    「生あくび」

    などが典型的な症状です。
    低血糖がさらに進行すると、痙攣や、昏睡などに至ります。

    この問題にあるように、リハビリ中に注意すべき低血糖症状は、交感神経症状である「手の震え」となります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q95 医療法で規定されていないのはどれか。
  1. 医療提供の理念
  2. 医療従事者の責務
  3. 病院開設者の資格
  4. 医療行為に対する診療報酬
  5. 都道府県における医療計画の策定

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q62 運動単位について誤っているのはどれか。
  1. 1個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。
  2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。
  3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。
  4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。
  5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q67 尿の生成について正しいのはどれか。
  1. 集合管では尿の希釈を行う。
  2. 血漿蛋白は糸球体を透過する。
  3. 血液の濾過は腎小体で行われる。
  4. 近位尿細管ではアンモニアの再吸収を行う。
  5. 抗利尿ホルモンは水の再吸収量を減少させる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q88 脳血管障害について誤っているのはどれか。
  1. 高血圧は脳出血の危険因子である。
  2. くも膜下出血は女性よりも男性に多い。
  3. 発作性心房細動は脳塞栓の危険因子である。
  4. 癌に付随する凝固異常は脳塞栓の原因となる。
  5. 慢性腎臓病(CKD)は脳卒中の危険因子である。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q99 神経性大食症について正しいのはどれか。
  1. 女性より男性に多い。
  2. 高カリウム血症がみられる。
  3. 神経性無食欲症からの移行はない。
  4. カロリーの低いものを過食することが多い。
  5. 代償行動で最も多いのは自己誘発性嘔吐である。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q25 頭部単純CTで発症直後から診断できるのはどれか。
  1. 脳梗塞
  2. 脳出血
  3. Parkinson病
  4. 多発性硬化症
  5. 白質ジストロフィー

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q33 標準型車椅子座位姿勢で起きる座圧変化で正しいのはどれか。
  1. 仙骨座り(骨盤後傾)では尾骨部に高い圧がかかる。
  2. 骨盤左回旋姿勢では右大転子に高い圧がかかる。
  3. 体幹右側屈姿勢では左坐骨に高い圧がかかる。
  4. 円背姿勢では下部腰椎部に高い圧がかかる。
  5. 骨盤前傾姿勢では仙骨部に高い圧がかかる。

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.