スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回作業療法士国家試験【午前】 第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。

  1. 男性に多い。
  2. 高齢者に多い。
  3. 自発痛はない。
  4. 手関節伸筋腱の付着部の炎症である。
  5. 物を持ち上げる際は前腕回内位で行うようにする。


※下にスクロールしても、
「85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

4






国試問題「85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。」についての解説

  1. 肘の外側(手関節伸筋腱の付着部)で、炎症が起こって痛みが生じる整形外科的疾患です。
    テニス愛好家に多い事から、テニス肘と呼ばれたりもします。

    特に、主に短橈側手根伸筋が上腕の骨に付着している起始部分の炎症によって疼痛が生じるとされています。
    その他に関与する筋肉としては、長橈側手根伸筋、総指伸筋などがあげられます。

    手首を反らす動き(背屈)や物を持ち上げる動き・動作などで痛みが出ます。

    整形外科的テストや理学療法評価としては、Thomsenテストや、中指伸展テスト、Chairテストなどが行われます。

    このうち、選択肢⑤「物を持ち上げる際は前腕回内位で行うようにする。」は、Chairテストと類似の動きなり、疼痛誘発動作と考えられるため、避けるべき動作法となります。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回作業療法士国家試験【午前】, 第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.