スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。

  1. 男性に多い。
  2. 高齢者に多い。
  3. 自発痛はない。
  4. 手関節伸筋腱の付着部の炎症である。
  5. 物を持ち上げる際は前腕回内位で行うようにする。

※ 下にスクロールしても、
「85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q85 上腕骨外側…」の解答

4

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q85 上腕骨外側上顆炎について……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q85 上腕骨外側…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問85 上腕骨外側上顆炎について正しいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 肘の外側(手関節伸筋腱の付着部)で、炎症が起こって痛みが生じる整形外科的疾患です。
    テニス愛好家に多い事から、テニス肘と呼ばれたりもします。

    特に、主に短橈側手根伸筋が上腕の骨に付着している起始部分の炎症によって疼痛が生じるとされています。
    その他に関与する筋肉としては、長橈側手根伸筋、総指伸筋などがあげられます。

    手首を反らす動き(背屈)や物を持ち上げる動き・動作などで痛みが出ます。

    整形外科的テストや理学療法評価としては、Thomsenテストや、中指伸展テスト、Chairテストなどが行われます。

    このうち、選択肢⑤「物を持ち上げる際は前腕回内位で行うようにする。」は、Chairテストと類似の動きなり、疼痛誘発動作と考えられるため、避けるべき動作法となります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】

Q25 頭部単純CTで発症直後から診断できるのはどれか。
  1. 脳梗塞
  2. 脳出血
  3. Parkinson病
  4. 多発性硬化症
  5. 白質ジストロフィー

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q47 要介護認定の審査で、要支援2と要介護1の違いを判定する要素はどれか。
  1. 歩行速度
  2. 対象者の意欲
  3. 状態の不安定性
  4. 家族の介護負担感
  5. 要介護認定等基準時間

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。
  1. 呼吸数は 25/分程度である。
  2. 呼気時の気道内圧は陽圧である。
  3. 呼気時の胸腔内圧は陽圧である。
  4. 呼気時に外肋間筋の収縮がみられる。
  5. 吸気時に胸鎖乳突筋の収縮がみられる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q91 中枢神経の先天奇形とその特徴の組合せで正しいのはどれか。
  1. 小頭症-脳圧亢進
  2. 滑脳症-脳溝増加
  3. 二分脊椎-水頭症合併
  4. Dandy Walker症候群-後頭蓋縮小
  5. Arnold Chiari奇形-脊髄の頭蓋内嵌入

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.