スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

3 動脈血ガス分析の結果を表に示す。 正しいのはどれか。

pH 7.473
PaCO2 33.4 mmHg
PaO2 60.2 mmHg
HCO3- 22.8 mEq/L

  1. 呼吸性アシドーシス
  2. 代謝性アルカローシス
  3. 共用基準範囲
  4. 代謝性アシドーシス
  5. 呼吸性アルカローシス


※下にスクロールしても、
「3 動脈血ガス分析の結果を表に示す。 正しいのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

5






国試問題「3 動脈血ガス分析の結果を表に示す。 正しいのはどれか。」についての解説

  1. この問題は、酸塩基平衡についての理解とそれぞれの検査結果の基準値が頭に入っていないといけません。

    動脈血ガス分析基準値
    pH:7.35~7.45→これが基準値より低値を示すと酸性に傾いている(アシドーシス)。
    高値を示すとアルカリ性に傾いている(アルカローシス)。
    PaCO2:35~45mmHg
    PaO2:80~100 mmHg
    HCO3-:22~26mEq/l

    まず、pHが基準値より高値になっているためアルカローシスです。これが代謝性か呼吸性かという事になりますが、呼吸性ではCO2が増えているか減っているかが重要です。つまり、何かが原因でCO2が呼出できなければCO2がたまり酸性に傾きます。逆にCO2が過剰に吐き出されればアルカリ性に傾きます。また、代謝性では呼吸以外が原因でHCO3-が増減します。例えば嘔吐により胃酸が体外に出て行けばアルカリ性に傾き、下痢(腸液はアルカリ性)により腸液が体外に過剰に出て行けば酸性に傾きます。
    この問題ではCO2が基準値より減っていますので、呼吸によりアルカリ性に傾いた「呼吸性アルカローシス」となります。

    ですが、体はpHを基準値内に収めたいので二次的に代償が起こります。例えば、CO2が呼出できなくて酸性に傾けばHCO3-の再吸収を増加させ、血中のHCO3-は増えます。逆にCO2を吐き出し過ぎれば、尿などで体外にHCO3-を出し血中のHCO3-を減らします。つまり、呼吸が原因で血中のCO2が増えれば二次的にHCO3-も増え、代謝が原因でHCO3-が減れば二次的にCO2も減ります。

    これは、CO2とHCO3-は何が原因でも同じ動きをしますが、呼吸性か代謝性かでアシドーシスとアルカローシスが逆になります。図参照

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.