スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q76 急性炎症と比較した場合の慢性炎症の特徴はどれか。

  1. 血管内皮細胞の損傷
  2. 血漿蛋白の滲出
  3. 好中球の集積
  4. サイトカインの分泌
  5. 組織の線維化

※ 下にスクロールしても、
「76 急性炎症と比較した場合の慢性炎症の特徴はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q76 急性炎症と…」の解答

5

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q76 急性炎症と比較した場合の慢性炎症の特徴はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q76 急性炎症と比較した場合の……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q76 急性炎症と…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午前】問76 急性炎症と比較した場合の慢性炎症の特徴はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 急性炎症は、感染や創傷などにより誘導され、発熱・発赤・疼痛・腫脹・機能障害などの典型的な徴候を呈する一過性の生体防御反応であり、後に収束し、健常状態に戻ります。

    慢性炎症は多くの場合、明らかな急性炎症の特徴を示さずに、軽度の炎症反応が持続します。
    これは、長期的には線維化などの組織リモデリングにより不可逆な臓器の機能不全をもたらすことが指摘されています。

    しかし、この軽度の炎症反応の持続(慢性炎症)や、それに伴う線維化を引き起こすのかについては、十分なコンセンサスは得られていません。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第107回看護師国試【午前】

Q74 創傷の治癒過程で炎症期に起こる現象はどれか。
  1. 創傷周囲の線維芽細胞が活性化する。
  2. 肉芽の形成が促進される。
  3. 滲出液が創に溜まる。
  4. 創の収縮が起こる。
  5. 上皮化が起こる。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】

Q17 45歳の男性。統合失調症。20年間の入院の後、退院してグループホームに入居することになった。
  1. ICFモデル
  2. 人間作業モデル
  3. ストレングスモデル
  4. 脆弱性-ストレスモデル
  5. CMOP (Canadian Model of Occupational Performance)

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q59 同一の臓器から分泌されるホルモンの組合せで誤っているのはどれか。
  1. アルドステロン-コルチゾール
  2. インスリン-グルカゴン
  3. エリスロポエチン-レニン
  4. オキシトシン-バソプレシン
  5. カルシトニン-パラトルモン

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.