スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「ギランバレー症候群」 の一覧

このページは、「ギランバレー症候群」に関連する国試問題だけが表示されます。

「ギランバレー症候群」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

ギランバレー症候群のタグが付いた問題

第54回理学療法士国試【午前】

2 32歳の女性。下痢症状の後に四肢の脱力が出現したGuillain-Barré症候群で、入院2週後のGuillain-Barré障害スコアが5(人工呼吸管理)であった。

  1. 20%
  2. 30%
  3. 60%
  4. 80%
  5. 90%

解答を今すぐ確認

3

第53回理学療法士国試【午前】

9 42歳の女性。感冒症状が出現して1週後から対称性に両手のしびれを自覚し、脱力が急速に近位部へ広がったため神経内科を受診した。上肢遠位部優位の脱力と四肢の深部健反射消失を認め、Guillain-Barre症候群と診断された。検査所見として正しいのはどれか。

  1. 髓液検査で細胞数が増加する。
  2. 頸髄MRI検査で髄内信号異常を認める。
  3. 末梢神経伝導検査で伝導速度が低下する。
  4. 未梢神経の連続刺激でM波の振幅が漸増する。
  5. 未梢神経刺激で誘発されるF波の潜時が短縮する。

解答を今すぐ確認

3

第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

90 Guillain-Barre症候群について正しいのはどれか。

  1. 50%以上で再発する。
  2. 脱髄型と軸索型がある。
  3. アルコール多飲が原因である。
  4. ビタミンB1欠乏によって起こる。
  5. 歩行可能まで回復する症例は25%以下である。

解答を今すぐ確認

2

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.