スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q90 Guillain-Barre症候群について正しいのはどれか。

  1. 50%以上で再発する。
  2. 脱髄型と軸索型がある。
  3. アルコール多飲が原因である。
  4. ビタミンB1欠乏によって起こる。
  5. 歩行可能まで回復する症例は25%以下である。

※ 下にスクロールしても、
「90 Guillain-Barre症候群について正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q90 Guill…」の解答

2

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q90 Guillain-Barre症候群について正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q90 Guillain-Bar……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q90 Guill…」の解説

国試問題「第53回作業療法士国試【午前】問90 Guillain-Barre症候群について正しいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 「50%以上で再発」は間違っています。
    基本的には単相性の疾患だが、2〜5%程度で再発するとされています。

    ギラン・バレー症候群は、もともとは有髄神経の脱髄が主体と考えられてきましたが、軸索障害が主体のギラン・バレー症候群があることが分かり、現在は、脱髄型も軸索型も含めてギラン・バレー症候群といいます。よって、「脱髄型と軸索型がある」は正解です。

    ギランバレー症候群の原因ははっきりしていませんが、免疫システムの異常とされています。
    ウイルス感染や細菌感染などをきっかけに、外敵から自分を守るためにある免疫に異常をきたし、自己の末梢神経を障害してしまう自己免疫であると考えられています。よって、「アルコール多飲が原因である。」と「ビタミンB1欠乏によって起こる。」は間違いです。

    症状は4週間以内にピークに達したあと、その後ゆっくりと回復に向かいますが、約2割の患者で何らかの後遺症(軽微な障害も含め)を残すとされており、よって「歩行可能まで回復する症例は25%以下である。」は誤りとなります。
    なお、約1%(日本国内)で死亡に至るケースがあるとされています。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q66 排尿機構について正しいのはどれか。
  1. 排尿時には内尿道括約筋が収縮する。
  2. 膀胱に尿が溜まり始めるとすぐに尿意を感じる。
  3. 尿道を尿が通る知覚は排尿筋の収縮を抑制する。
  4. 膀胱括約筋はノルアドレナリンの作用で収縮する。
  5. 排尿を我慢するときには大脳皮質から抑制がかかる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q74 正常歩行について正しいのはどれか。
  1. 肩関節は同側の踵接地時に最大屈曲位となる。
  2. 膝関節は踵接地直後に伸展する。
  3. 骨盤は水平面において回旋運動をする。
  4. 骨盤は前額面において水平に保たれる。
  5. 骨盤は遊脚側へ側方移動する。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】

Q2 図は深索反射を検査している場面である。正しいのはどれか。

  1. 反応は生涯続く。
  2. 満腹時には出現しにくい。
  3. 生後2ヶ月ごろに出現する。
  4. 刺激されると嚥下反射が起こる。
  5. 刺激と反対側へ頭部が回旋する。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午前】

Q48 脳卒中後の在宅高齢者について、ICFにおける活動の評価に最も関連する情報はどれか。
  1. 住環境
  2. 家族関係
  3. 認知機能
  4. 外出時の交通手段
  5. 活用可能なインフォーマルサービスの有無

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.