スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q2 図1の検査で異常がみられた場合、図2の脊髄横断面の模式図において損傷が考えられる部位はどれか。

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「2 図1の検査で異常がみられた場合、図2の脊髄横断面の模式図において損傷が考えられる部位はどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q2 図1の検査で…」の解答

5

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 5.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q2 図1の検査で異常がみられた場合、図2の脊髄横断面の模式図において損傷が考えられる部位はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q2 図1の検査で異常がみられた……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q2 図1の検査で…」の解説

国試問題「第52回理学療法士国試【午後】問2 図1の検査で異常がみられた場合、図2の脊髄横断面の模式図において損傷が考えられる部位はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. この問題は、感覚神経の伝導路を理解する事で解ける問題です。
    (前提としては、上記のイラストが何をやっているかを解っている必要がありますが、、、)

    音叉を使用し、内果に当てています。これは、振動覚の検査であり、振動覚は、位置覚とともに深部感覚となります。

    伝導路は、「後根→同側の後索を上行→延髄下部でニューロンをかえ、錐体交叉の直上(毛帯交叉)で対側へ交叉→内側毛帯内を上行→視床後外側腹側核→大脳皮質感覚野」となります。

    つまり、脊髄レベルでは「同側の後索を上行」するので、正解は、5となります。

    なお、後索のうち、下肢領域は薄束(内側)、上肢領域は楔状束(外側)となっています。

    2
    9
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q55 視神経から視覚野に至る視覚伝導路の順で正しいのはどれか。
  1. 視索→視交叉→視放線→外側膝状体
  2. 視索→視放線→外側膝状体→視交叉
  3. 視交叉→視索→外側膝状体→視放線
  4. 視放線 →視交叉→視索→外側膝状体
  5. 視交叉→外側膝状体→視索→視放線

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q62 四肢からの感覚神経伝導路について正しいのはどれか。
  1. 触覚の線維は中脳で交叉する。
  2. 圧覚の線維は脊髄視床路を通る。
  3. 温度覚の線維は脊髄節で交叉する。
  4. 一次ニューロンの細胞体は後角にある。
  5. 痛覚の伝導路は延髄で二次ニューロンになる。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q26 非圧痕性浮腫を生じる疾患はどれか。
  1. ネフローゼ症候群
  2. 甲状腺機能低下症
  3. 肝硬変
  4. 心不全
  5. 熱傷

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q85 上腕骨顆上骨折で正しいのはどれか。
  1. 老年期に多い。
  2. 原則として手術を行う。
  3. 外反肘を生じることが多い。
  4. 前腕の循環不全を生じやすい。
  5. 肘関節屈曲位での受傷が多い。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q59 腎臓の解剖について正しいのはどれか。
  1. 糸球体は腎髄質に位置する。
  2. 輸出細動脈は集合管につながる。
  3. ネフロンは糸球体と尿細管からなる。
  4. 輸入細動脈はHenle係蹄につながる。
  5. 腎乳頭はBowman囊に覆われている。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q75 疾患と病因・病理学的変化の組合せで正しいのはどれか。
  1. Creutzfeldt Jakob病-感染性疾患
  2. Parkinson病-脱髄疾患
  3. 肝性脳症-神経変性疾患
  4. 正常圧水頭症-血行障害
  5. 多発性硬化症-腫瘍性疾患

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q49 胸髄損傷者の褥瘡予防で正しいのはどれか。
  1. 30度側臥位にする。
  2. 体位変換は6時間ごとに行う。
  3. 褥瘡の好発部位に円座を用いる。
  4. ベッドアップは80度以上にする。
  5. 褥瘡の好発部位をマッサージする。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午後】

Q29 FIM について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 運動項目の1つに排尿管理がある。
  2. 認知項目の1つに問題解決がある。
  3. 認知項目の完全自立は42点となる。
  4. 補装具を使用して動作が自立していれば完全自立とする。
  5. すべての評価項目が全介助の場合、評価点は0点となる。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.