スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q42 関節リウマチの開張足を矯正する装具で最も適切なのはどれか。

  1. 外側ウェッジ
  2. 外側Tストラップ
  3. 踵補高
  4. 逆Thomasヒール
  5. メタタルサルアーチサポート

※ 下にスクロールしても、
「42 関節リウマチの開張足を矯正する装具で最も適切なのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q42 関節リウマ…」の解答

5

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-,
ご質問も受け付けています!

「Q42 関節リウマチの開張足を矯正する装具で最も適切なのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q42 関節リウマチの開張足を矯……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q42 関節リウマ…」の解説

国試問題「第53回理学療法士国試【午後】問42 関節リウマチの開張足を矯正する装具で最も適切なのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. メタタルサルアーチサポートとは、関節リウマチの患者に限らず、足の横アーチが低下している方に使用される足底板(インソール)や足部サポーターの事です。

    インソールの場合は、中足骨にあたる部分に内側縦アーチサポートのような凸があります。
    赤田義肢製作所(沖縄県那覇市泉崎2-103-20)さんの会社ホームページに、サンプルの写真がありましたので、実物の写真は以下のリンク先からご確認下さい。

    足底装具/メタタルザルサポート(379)

    正解は選択肢5「メタタルサルアーチサポート」となりますが、問題を解くには、関節リウマチに特徴的な足部の変形【詳細ページ】を理解しておく必要があります。

    関節リウマチに特徴的な変形は以下の通りです。
    ・外反扁平足
    ・外反母趾
    ・開帳足
    ・屈趾変形
    ・ベンチ形成
    などです。

    よって、メタタルサルアーチサポートは、選択肢の一つになりえますが、関節リウマチイコールではなく、変形の状態に合わせて、採寸していきます。

    ただし、上記であげた変形を助長してしまうような装具・サポートを除外していけば、ほぼ間違いなく解ける問題だと思います。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回理学療法士国試【午後】

Q31 関節リウマチにみられる変形と部位の組合せで適切なのはどれか。
  1. スワンネック変形 - 環軸椎関節
  2. ムチランス変形 - 脊柱
  3. ボタン穴変形 - 手の母指
  4. 内反小指変形 - 足部
  5. Z変形 - 足の母指

解答&解説



第54回理学療法士国試【午前】

Q29 内反足に対する最も適切な靴の補正はどれか。
  1. Thomas ヒール
  2. 内側フレアヒール
  3. クッションヒール
  4. メタタルザルバー
  5. 外側ソールウェッジ

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q87 関節リウマチについて正しいのはどれか。
  1. 股関節などの大関節に初発する。
  2. 間質性肺炎を合併することが多い。
  3. 罹患関節の症状は非対称性に現れる。
  4. 半数以上にリウマトイド結節が認められる。
  5. 血清アルカリフォスファターゼが高値となる。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q85 知能検査はどれか。
  1. (attention deficit hyperactivity disorder rating scale)
  2. CARS (childhood autism rating scale)
  3. JDDST-R(改訂日本版デンバー式発達スクリーニング検査)
  4. PEP-3 (psychoeducational profile-3rd edition)
  5. WISC-Ⅲ

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q30 脳卒中片麻痺の亜脱白に対する肘屈曲型アームスリングのチェックアウトで正しいのはどれか。
  1. 頸部で上肢を支持する。
  2. 肩関節は内旋位とする。
  3. 前腕は回外位とする。
  4. 手関節は掌屈位とする。
  5. 手部は肘関節より低くする。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q94 肝炎について正しいのはどれか。
  1. A型肝炎の慢性化率は約20 %である。
  2. B型肝炎ワクチンは感染の予防に有効である。
  3. C型肝炎のキャリアはHCV抗原が陽性である。
  4. 慢性肝炎の原因ウイルスで最も多いのはB型である。
  5. 慢性肝炎においては急性増悪期を過ぎても運動制限を行う。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q40 脳卒中後の左片麻痺の患者が車椅子からベッドへの移乗動作を行う際の介助方法として適切なのはどれか。
  1. 装具は外して行う。
  2. 車椅子の後方から介助する。
  3. 車椅子上で殿部を前方に移動させておく。
  4. ベッドに対して車椅子を平行に設置する。
  5. ベッドの高さは車椅子の座面よりも高くしておく。

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q24 加齢に伴う生理的変化について正しいのはどれか。
  1. 肝重量の増加
  2. 自己抗体形成の低下
  3. 抗原抗体反応の低下
  4. 血繫アルブミン量の増加
  5. クレアチニンクリアランスの増加

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q28 慢性腰痛に対する認知行動療法でないのはどれか。
  1. 痛みの有無を頻回に尋ねる。
  2. 腰痛の不安を解消する映像を見せる。
  3. 腰を反らせても痛まない成功体験を繰り返させる。
  4. 痛みがあってもできる活動があることを認識させる。
  5. 適切な身体活動は痛みを増悪させないことを説明する。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q87 脳卒中後の肩手症候群について正しいのはどれか。
  1. 運動麻痺重症例よりも軽症例に多い。
  2. 女性の発症率は男性の約2倍である。
  3. 脳卒中発症後6か月以降に生じる。
  4. 発症頻度は40 %程度である。
  5. 複合性局所疼痛症候群type Iに分類される。

解答&解説



第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q100 うつ病の患者への対応として適切でないのはどれか。
  1. 急性期には休息をとらせる。
  2. 自殺しないように約束させる。
  3. 重要な問題の決定を先延ばしさせる。
  4. 抗うつ薬の副作用について説明する。
  5. うつ病であることを伝えずに伏せておく。

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.