整形外科の病気 病気・怪我の解説

関節リウマチの症状、原因(病態)、診断について

更新日:

関節リウマチとは?

関節内に存在する滑膜と呼ばれる組織が何らかの原因によって異常増殖し、自分の軟骨や骨を攻撃する事によって起こる自己免疫疾患です。

本来は細菌やウイルスから身を守るための自己免疫機能が関節に対して働いてしまい、関節に炎症が起きて痛みを伴って、関節の曲げ伸ばしが困難になったり、変形していきます。

30~50代の女性の人に多いとされています。全国に70万人以上の罹患者がおり、60代以上に発症する”高齢発症リウマチ”は男女比はほとんどありません。また15歳未満に発症する「若年性突発性関節炎」もあります。

Dr.カール
ここでは、関節リウマチの症状、原因、診断について説明していきます。
関連する病気についても説明しているので、膝や足、手などの関節の痛みで悩む人は合わせてチェックして下さい。

 

関節リウマチの症状

左右対称に発症すると言われており、関節の痛み、腫れ、朝のこわばりがあります。朝のこわばりは他の疾患でもありますが、関節リウマチの場合は約1時間以上、長時間こわばりが続くのが特徴です。

関節が硬くなったり、逆にゆるくなったりして変形していきます。

最終的に破壊されていくと変形したまま炎症が治まり、日常生活に大きな支障がでます。また関節内だけの症状だけではなく、自己免疫機能の異常で全身倦怠感、発熱、体重減少、食欲不振、などの全身症状がでます。

重症の場合は背骨や膝・股関節など大きな関節に発症し、特に首の骨に症状がでると関節自体がゆるくなり、脱臼を起こすこともあります。

最悪な場合は手足のしびれ、呼吸状態が乱れ、生命の危機にも関わってきます。

 

関節リウマチの原因と病態

遺伝子要因やウイルス感染によるものと考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

外的な要因である喫煙や環境要因も発症に影響されていると言われています。

 

関節リウマチの診断

血液検査と画像診断があり、日本でもアメリカリウマチ学会の診断基準で診断が行われます。

血液検査では、関節リウマチの炎症症状の各項目と血清リウマトイド因子、軟骨の破壊を示す値のMMP-3、抗CCP抗体などを調べます。

陽性反応がでたからといってすぐに関節リウマチを疑うのではなく、レントゲンや超音波検査、MRI検査で関節の炎症や変形の有無を確認した上で診断が行われます。

血液検査でリウマトイド因子や抗CCP抗体が陰性のリウマチや、陽性でもリウマチではない人もいるため、血液検査の数値だけではなく、身体所見も合わせた総合的な診断が重要になってきます。

 

 

関節リウマチの症状と似た病気や関連する病気について

 

関節リウマチ

人気のタグ一覧 ▽


骨・関節疾患の手術実績がある病院 全国top30
他データ準備中

 

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

日本人の腰痛に関する統計データ

腰痛の現状 「腰痛」「腰部痛」とは、腰部(広義では殿部や骨盤帯領域も含む)に痛みを感じる状態の事を指す言葉です。 人口の9-12%が腰痛を抱えていて、25%の人々が過去1ヶ月以内(任意の時点から)に腰痛を経験しているという統計的データがあります。 また、およそ40%の人 ...

変形性足関節症の症状、原因(病態)、診断について
no image

変形性足関節症とは? 足首に痛みや腫れが生じ、日常生活に支障が出てしまいます。 足首を使う動作で例えば、歩くことや階段の上り下り、正座、しゃがむ動作が困難になったりします。症状には個人差があり、医療機関に受診するころには症状が悪化した状態のことも少なくありません。 Dr ...

坐骨神経痛の原因はヘルニアって本当? 病院での薬・手術と整体や筋トレどっちが治る?

坐骨神経痛について 腰痛症にも色々な種類があり、腰痛のほかに下肢痛や下肢の痺れを伴うものと、伴わないものがあります。 下肢とは、太ももから足にかけての部分の事で、この部分に痺れや痛みが慢性的に続くと、一般の人でも「坐骨神経痛」ではないかと思うぐらいに名前が知られている症 ...

変形性股関節症の症状、原因(病態)、診断について

変形性股関節症とは? 股関節を構成する骨頭や臼蓋の軟骨に異常をきたし、骨軟骨の磨耗による減少、骨の変形が生じる病気です。 症状の進行によって歩行や動作で痛みが生じ、生活に支障が出てきます。 例えば、上半身を大きく横に動揺させた歩き方(デュシェンヌ現象)などの特徴的な変化 ...

関節水腫の症状、原因(病態)、診断について

関節水腫とは? 関節水腫とは関節内にある関節液の量が異常に増え、関節内にたまってしまう状態です。 よく「関節に水が溜まっている。」という言い方をしますが、これを医学的に説明するのが「関節水腫」です。関節水腫はどこの関節でも起こりえますが、主に問題になるのは膝関節で起こる ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.