スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q31 杖のチェックアウトについて正しいのはどれか。

  1. ロフストランド杖の前腕支え位置は前腕近位1/3とする。
  2. T字杖の握りは肘関節が45度屈曲する位置とする。
  3. 松葉杖の脇当て位置は腋窩から15cm下方とする。
  4. 杖の長さは病態によらず同じ方法で決める。
  5. 杖先ゴムの状態確認は年に1回行う。

※ 下にスクロールしても、
「31 杖のチェックアウトについて正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q31 杖のチェッ…」の解答

1

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q31 杖のチェックアウトについて正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q31 杖のチェックアウトについ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q31 杖のチェッ…」の解説

国試問題「第52回理学療法士国試【午前】問31 杖のチェックアウトについて正しいのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ロフストランド杖には、カフの形状によって、大きく分けてU字型とC字型の2種類があります。前腕部の固定性に関与しますが、基本的なチェックポイントは変わりません。
    問題文にもある通り、前腕の支え位置は前腕近位1/3です。

    杖の長さの合わせ方についても、T字杖や、ロフストランド杖、松葉杖に大きな違いはなく、足の外側15cmのところに杖先を設置した時に、肘を軽く曲げた状態となる長さです。
    この肘を軽く曲げた状態が、約30度屈曲位とされています。
    簡易的(臨床的)な方法としては、股関節の高さを指標にする事もあります。

    松葉杖の脇当て位置としては、脇に直接あてるのではなく、脇より下にあてます。
    これは、脇の下を走行する腋窩神経が、脇当てによって圧迫されて腋窩神経障害を起こすリスクがあるためです。
    目安としては、2~3横指下であり、15cm下方は低すぎます。

    杖先ゴムの交換については、メーカーによって、交換目安が変わってきますが、基本的には溝のすり減り具合を指標にしています。
    すり減り具合を指標にする場合、小まめな確認が必要と思われますが、期間については不明です。

    具体的な期間を提示している場合でも、3ヶ月〜半年というメーカーもあれば、1年程度としているメーカーもあります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q69 立位姿勢が安定しているのはどれか。
  1. 支持基底面が狭い。
  2. 重心の位置が高い。
  3. 床と足底の接触面の摩擦抵抗が小さい。
  4. 上半身と下半身の重心線が一致している。
  5. 重心線の位置が支持基底面の中心から離れている。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q82 中心性脊髄損傷について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 高齢者に多い。
  2. 骨傷に伴って生じることが多い。
  3. 頸椎の過屈曲によって発生することが多い。
  4. 肛門括約筋の収縮が障害されることが多い。
  5. 下肢より上肢機能が強く障害されることが多い。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。
  1. 静止膜電位は負の値である。
  2. 活動電位は全か無の法則に従う。
  3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。
  4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。
  5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q37 工場生産労働者の腰痛対策として、産業理学療法の観点から優先度が低いのはどれか。
  1. 作業姿勢の評価
  2. 作業方法の変更
  3. 職場の配置転換
  4. ストレスの軽減
  5. 労働生産性の維持

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.