スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q10 嚥下に関わる脳神経はどれか。

  1. 嗅神経
  2. 外転神経
  3. 滑車神経
  4. 迷走神経

※ 下にスクロールしても、
「10 嚥下に関わる脳神経はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q10 嚥下に関わ…」の解答

4

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-,
ご質問も受け付けています!

「Q10 嚥下に関わる脳神経はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q10 嚥下に関わる脳神経はどれ……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q10 嚥下に関わ…」の解説

国試問題「第107回看護師国試【午前】問10 嚥下に関わる脳神経はどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 嚥下とは、食物を口の中で噛んで飲み込みやすい形(食塊)にし、胃に送り込む過程を言います。
    迷走神経は、嚥下に関わる脳神経で、特に食塊を嚥下反射によって食道まで送る時期に関わります。

    迷走神経は、胸腔内で遠心性繊維を含む反回神経を分岐します。
    この反回神経は、反転して上行し、口蓋帆挙筋、耳管咽頭筋、茎突咽頭筋、口蓋舌筋、口蓋咽頭筋、上咽頭収縮筋、中咽頭収縮筋、下咽頭収縮筋、鰓弓筋等を支配します。

    これらの筋肉により、喉頭拳上、舌口蓋閉鎖、鼻咽腔閉鎖、喉頭閉鎖などの一連の嚥下反射が行われます。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q61 反射と脳神経の組合せで正しいのはどれか。
  1. 角膜反射:視神経
  2. 対光反射:動眼神経
  3. 前庭動眼反射:三叉神経
  4. 下顎反射:顔面神姪
  5. 咽頭反射:副神経

解答&解説



第53回理学療法士国試【午後】

Q48 摂食嚥下障害に対するShaker法について正しいのはどれか。
  1. 喉頭挙上筋群の筋力増強を行う。
  2. 食道入口部を閉鎖する。
  3. 呼吸を数秒間止める。
  4. 呼吸を数秒間止める。
  5. 端座位で行う。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午前】 第54回理学療法士国試【午前】

Q52 脳神経と支配筋の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 滑車神経 - 眼輪筋
  2. 三叉神経 - 咬筋
  3. 顔面神経 - 広頸筋
  4. 舌咽神経 - 舌筋
  5. 副神経 - 側頭筋

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q14 良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。
  1. 被膜がある。
  2. 遠隔転移する。
  3. 周囲組織に浸潤しない。
  4. 増殖速度が緩やかである。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q91 Aさんの運動負荷心電図検査トレッドミル運動負荷試験の結果を図に示す。このときの心電図の所見で適切なのはどれか。

前提文

Aさん(56歳、男性)は、コンビニエンスストアの店長で自動車を運転して通勤している。不規則な生活が続き、ストレスが溜まることも多く、十分な睡眠がとれないこともあった。

荷物を運ぶときに胸部の圧迫感が繰り返し出現し受診したところ、狭心症(angina pectoris)が疑われたため検査をすることになった。

脂質異常症(dyslipidemia)の既往がある。

  1. 発作時はST低下がある。
  2. 発作時はP波が低下している。
  3. 安静時は異常Q波がある。
  4. 安静時は冠性T波がある。
  5. 安静時と発作時ともにQRS幅が拡大している。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか。
  1. 高度医療の受療
  2. 本人の満足感
  3. 乳児死亡率
  4. 生存期間

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q36 成人に経鼻経管栄養法を行う際の胃管を挿入する方法で適切なのはどれか。
  1. 体位は仰臥位とする。
  2. 管が咽頭に達したら頸部を後屈する。
  3. 咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。
  4. 嚥下運動よりも速い速度で挿入する。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q115 初診から1か月後、皮膚科の外来でAさんは「薬を飲み始めてから、口の中が渇いて食べにくい」と話した。この状況から、Aさんに障害が起きていると考えられる摂食・嚥下の段階はどれか。

前提文

Aさん(82歳、男性)。妻との人暮らし。障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準はランクJ。Aさんは搔痒感のために皮膚科を受診し、老人性皮膚掻痒症(pruritus senilis)と診断され、抗ヒスタミン内服薬が処方された。身長165cm、体重55kg。Aさんの趣味は散歩で、毎日1km程度を歩いている。

  1. 先行期
  2. 準備期
  3. 咽頭期
  4. 食道期

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.