スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「下肢装具」 の一覧

このページは、「下肢装具」に関連する国試問題だけが表示されます。

「下肢装具」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

下肢装具のタグが付いた問題

第55回理学療法士国試【午前】

19 8歳の女児。顕在性二分脊椎。Sharrardの分類はⅣ群である。歩行練習の実施方法で適切なのはどれか。

  1. 靴型装具を使用する。
  2. 長下肢装具を使用する。
  3. 短下肢装具とロフストランド杖を併用する。
  4. 長下肢装具とロフストランド杖を併用する。
  5. 骨盤帯付き長下肢装具とPCW〈postural control walker〉を併用する。

解答を今すぐ確認

3

第55回理学療法士国試【午前】

41 外側ストラップ付き金属支柱付き短下肢装具の使用が最も適切なのはどれか。

  1. 歩行中の膝折れ
  2. 足クローヌス
  3. 深部感覚障害
  4. 内反尖足
  5. 外反膝

解答を今すぐ確認

4

第54回理学療法士国試【午前】

29 内反足に対する最も適切な靴の補正はどれか。

  1. Thomas ヒール
  2. 内側フレアヒール
  3. クッションヒール
  4. メタタルザルバー
  5. 外側ソールウェッジ

解答を今すぐ確認

第53回理学療法士国試【午前】

13 図に示す両側支柱付長下肢装具について正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 外側支柱の高さは大転子から6cm下にする。
  2. 膝継手はオフセット式である。
  3. 下腿半月の位置は膝関節裂隙から2cm下にする。
  4. 足継手はダブルクレンザックである。
  5. 短下肢装具へと変更可能である。

解答を今すぐ確認

4と5

第53回理学療法士国試【午後】

8 70歳の男性。脳横塞による左片麻痒。Brunnstrom法ステージは下肢Ⅲ。関節可動域制限はない。ダブルクレンザック足継手付き両側金属支柱型短下肢装具を用いて歩行練習を実施している。足継手を背屈0〜20度で可動するように設定すると左立脚中期に膝折れが出現した。装具の調整で正しいのはどれか。

  1. 足継手の可動範囲を背屈0〜5度に設定する。
  2. スウェーデン式膝装具を併用する。
  3. Tストラップを追加する。
  4. 外側ウェッジを入れる。
  5. 装具の腫を高くする。

解答を今すぐ確認

1

第53回理学療法士国試【午後】

42 関節リウマチの開張足を矯正する装具で最も適切なのはどれか。

  1. 外側ウェッジ
  2. 外側Tストラップ
  3. 踵補高
  4. 逆Thomasヒール
  5. メタタルサルアーチサポート

解答を今すぐ確認

5

第52回理学療法士国試【午後】

13 65 歳の男性。被殻出血による右片麻痺。発症後2か月。意識レベル、認知機能および左下肢の機能に問題はない。右足関節の位置覚障害がみられる。起居動作は自立し、座位は安定している。現在、平行棒内での歩行練習中である。歩行中、右下肢の振り出しは可能であるが、踵接地がみられず、右下肢立脚中期に膝折れを認める。Brunnstrom法ステージ右下肢Ⅲ、右下三頭筋のMASは2である。

歩行に用いる最も適切な装具はどれか。


解答を今すぐ確認

3

第52回理学療法士国試【午後】

30 骨盤帯付長下肢装具の適合判定で正しいのはどれか。

  1. 骨盤帯は側方では腸骨稜と上前腸骨棘の間に設置する。
  2. 下腿半月上縁は腓骨頭下端の直下である。
  3. 股継手軸は前額面で小転子より2cm上方を通る。
  4. 膝継手軸は矢状面で膝の前後径の1/2の点と後方1/3の点の中間点を通る。
  5. 足継手軸は前額面で内果中央を通る。

解答を今すぐ確認

4

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.