スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q74 反射マーカを用いた三次元歩行分析装置で評価が最も困難なのはどれか。

  1. 歩幅
  2. 歩行率
  3. 重心の変化
  4. 足底圧分布
  5. 関節角度変化

 

 



スポンサーリンク

 


※ 下にスクロールしても、
「74 反射マーカを用いた三次元歩行分析装置で評価が最も困難なのはどれか。 」
の解答を確認できます。






「Q74 反射マーカ…」の解答

4

関連問題にも挑戦 ▼

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (1 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 2.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-,
ご質問も受け付けています!

「Q74 反射マーカを用いた三次元歩行分析装置で評価が最も困難なのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q74 反射マーカを用いた三次元……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q74 反射マーカ…」の解説

国試問題「第55回作業療法士国試【午後】問74 反射マーカを用いた三次元歩行分析装置で評価が最も困難なのはどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


 

 



スポンサーリンク

 

他の関連する過去問題もどうぞ!

第55回理学療法士国試【午後】

Q29 遂行機能障害の診断に用いる検査はどれか。
  1. WCST
  2. WAIS-Ⅲ
  3. 図形模写
  4. Reyの複雑図形検査
  5. PASAT〈paced auditory serial addition test〉

解答&解説



第53回作業療法士国試【午前】 第53回理学療法士国試【午前】

Q74 正常歩行について正しいのはどれか。
  1. 肩関節は同側の踵接地時に最大屈曲位となる。
  2. 膝関節は踵接地直後に伸展する。
  3. 骨盤は水平面において回旋運動をする。
  4. 骨盤は前額面において水平に保たれる。
  5. 骨盤は遊脚側へ側方移動する。

解答&解説



第55回理学療法士国試【午後】

Q13 8歳の男児。脳性麻痺による痙直型両麻痺。GMFCSレベルⅢであり、床上はバニーホッピングで移動している。学校内の移動は車椅子駆動で自立している。車椅子の設定で正しいのはどれか。
  1. ヘッドサポートをつける。
  2. 座面高は標準より高くする。
  3. 背もたれの高さは肩までとする。
  4. 背もたれはリクライニング式にする。
  5. フットサポートはスイングアウト式にする。

解答&解説



第55回作業療法士国試【午後】 第55回理学療法士国試【午後】

Q55 冠状動脈で正しいのはどれか。
  1. 大動脈弁の心室側から出る。
  2. 左右の冠状動脈は吻合しない。
  3. 左冠状動脈は房室結節に血液を送る。
  4. 右冠状動脈は前下降枝と回旋枝に分かれる。
  5. 左冠状動脈は心室中隔前方2/3に血液を送る。

解答&解説



第55回作業療法士国試【午後】 第55回理学療法士国試【午後】

Q84 脊髄損傷で正しいのはどれか。
  1. 受傷直後は尿失禁状態となる。
  2. 排尿筋括約筋協調不全は生じない。
  3. 残尿が150mLでは導尿は不要である。
  4. 核・核下型神経因性膀胱であれば尿道カテーテル長期留置を行う。
  5. 核上型神経因性膀胱であればトリガーポイントの叩打による反射性排尿を試みる。

解答&解説



-,

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2021 All Rights Reserved.