スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q68 妊娠、出産で正しいのはどれか。

  1. 受精卵は着床してから分裂を開始する。
  2. 胎盤は着床前から形成が開始される。
  3. 妊娠中は、妊婦と胎児の血液の混合が起こる。
  4. 妊娠中はプロラクチン分泌が抑制されている。
  5. 分娩が始まるとオキシトシン分泌が減少する。

※ 下にスクロールしても、
「68 妊娠、出産で正しいのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q68 妊娠、出産…」の解答

正解なし


不適切問題

採点上の取扱い
採点対象から除外する。

理 由
選択肢に誤りがあり、正解が得られないため。

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
-
ご質問も受け付けています!

「Q68 妊娠、出産で正しいのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q68 妊娠、出産で正しいのはど……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q68 妊娠、出産…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午後】問68 妊娠、出産で正しいのはどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第107回看護師国試【午後】

Q58 母子保健施策とその対象の組合せで正しいのはどれか。
  1. 育成医療 - 結核児童
  2. 養育医療 - 学齢児童
  3. 健全母性育成事業 - 高齢妊婦
  4. 養育支援訪問事業 - 特定妊婦

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q86 労働基準法で定められているのはどれか。2つ選べ。
  1. 妊娠の届出
  2. 妊婦の保健指導
  3. 産前産後の休業
  4. 配偶者の育児休業
  5. 妊産婦の時間外労働の制限

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q56 産科外来を初めて受診した妊婦。夫婦ともに外国籍で、日本の在留資格を取得している。 この妊婦への説明で正しいのはどれか。
  1. 「母子健康手帳は有料で入手できます」
  2. 「妊婦健康診査は公費の助成を受けられます」
  3. 「出生届は外務省に提出します」
  4. 「生まれた子どもは出生時に日本国籍を取得できます」

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】

Q29 作業遂行要因の評価法の説明で正しいのはどれか。
  1. 意志質問紙は満足度を評価する。
  2. AMPS は運動技能と処理技能を評価する。
  3. 興味チェックリストは作業の到達度を評価する。
  4. 役割チェックリストは役割の認識と数を評価する。
  5. COPM は作業の遂行度、重要度、認識度を評価する。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】

Q20 61歳の男性。BMI27.5。前頭葉および側頭葉に著明な萎縮を認めて入院加療中。発語は発症前より減少しているが、エピソード記憶や手続き記憶は比較的残存している。
  1. 減量の必要性を説明する。
  2. 他の患者に状況を説明し、受容的に対応してもらう。
  3. 毎回の昼食が終了次第、体操プログラムを導入する。
  4. 毎回の昼食が終了次第、カラオケのプログラムを導入する。
  5. 他人の食事を勝手に食べてはいけないことを言葉で簡潔に伝える。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.