スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

14 39歳の男性。野球の試合中にジャンプしてボールをキャッチした着地時に、踵に疼痛と違和感とを訴えた。その直後から歩行困難となったために、応急処置の後 に緊急搬送された。搬送先の病院で撮影された足部MRIを以下に示す。矢印は損傷部位を示す。受傷直後の処置として適切なのはどれか。

  1. 足底板による固定
  2. 足関節周辺の保温
  3. 足関節底屈位での固定
  4. 強擦法による下腿部のマッサージ
  5. 端座位による下腿下垂位での安静


※下にスクロールしても、
「14 39歳の男性。野球の試合中にジャンプしてボールをキャッチした着地時に、踵に疼痛と違和感とを訴えた。その直後から歩行困難となったために、応急処置の後 に緊急搬送された。搬送先の病院で撮影された足部MRIを以下に示す。矢印は損傷部位を示す。受傷直後の処置として適切なのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

3






国試問題「14 39歳の男性。野球の試合中にジャンプしてボールをキャッチした着地時に、踵に疼痛と違和感とを訴えた。その直後から歩行困難となったために、応急処置の後 に緊急搬送された。搬送先の病院で撮影された足部MRIを以下に示す。矢印は損傷部位を示す。受傷直後の処置として適切なのはどれか。」についての解説

  1. たなはら たなはら より:

    この問題を解くポイントは、①アキレス腱断裂に対する対応と、②RICE処置にあると思われます。

    治療自体が保存療法となるか外科的な治療となるか、いずれにしても、アキレス腱が短縮した肢位をとっておくべきなので、足関節を底屈位にすべきです。

    座位、非荷重で下腿を下垂させた姿勢は、足関節が底屈位にはなるかもしれませんが、RICE処置の観点からは最良の選択肢ではありません。

    この問題では、アキレス腱断裂と予測できる状況での対処となっていますが、実際の現場では単なる捻挫の可能性もあれば、骨折の可能性まであります。

    アキレス腱断裂の場合は、断裂部位に陥凹があり、触れる事により断裂の有無が分かるとはされていますが、炎症が起こると腫脹により触知できないケースもあります。

    これらを判断するには、頻度の高い怪我の典型的な特徴を一通り把握しておく事が大切になります。

    例えば、足部の怪我であれば、

    ・アキレス腱断裂であれば、怪我をした本人が断裂する時の音を聞いている。
    ・骨折の場合は、荷重をかけられない。皮下出血が起こる。(骨膜は血管が豊富なため)

    などです。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.